BI Daily Newsletter

ジャスティン・ビーバーの匂わせ投稿で…クロックスの株価が急上昇

ジャスティン・ビーバーのインスタグラムへの投稿が、クロックスの株価を急上昇させた。

ジャスティン・ビーバーのインスタグラムへの投稿が、クロックスの株価を急上昇させた。

Jon Kopaloff/Getty Images

  • ジャスティン・ビーバーは、プールの水面にクロックスが浮かぶ写真をインスタグラムに投稿し、同ブランドとのコラボをほのめかした。
  • その投稿に対し、クロックスは緑のハートで反応した。しかし、Business Insiderのコメント要請には応じていない。
  • この写真が投稿された10月1日、クロックスの株価は11%以上急騰した。

歌手のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)がフットウェアブランドのクロックス(Crocs)とのコラボレーションをほのめかしたところ、同社の株価が急騰した。

ビーバーは10月1日、クロックスが浮かぶプールの写真に「Soon(もうすぐ)」という言葉を添えてインスタグラムに投稿した。それに対し、クロックスは緑のハートをコメント欄に残し、自らのストーリーにも写真をリポストした。

ジャスティン・ビーバーのインスタグラム投稿。

ジャスティン・ビーバーのインスタグラム投稿。

Justin Bieber/Instagram

Business Insiderはビーバーの代理人とクロックスにコメントを求めたが、回答は得られていない。

ビーバーの写真は、投稿から3時間で67万以上もの「いいね」を集めた。この写真が投稿されてからクロックスの株価は最高で47.81ドルまで11%以上急騰、終値は若干下がって45.19ドルだったが、一日で5.8%の上昇となった。

クロックスは最近、スターとのコラボで新たなフットウェアを展開している。9月29日に発売した、ラッパーのバッドバニー(Bad Bunny)とコラボした60ドルの「グロー・イン・ザ・ダーク・クロックス」はわずか数分で完売した。

クロックスの業績はパンデミックに後押しされて好調だ。アメリカでは2020年第2四半期のファッショナブルな靴の売り上げが前年同期比で71%も落ち込み、自宅待機をしている人々は快適なフットウェアを愛用している

クロックスは、パンデミック以前にも「アグリー」な靴の流行に乗ったZ世代(1990年代中盤以降に生まれた世代)の顧客を獲得していた。

「我々のゴールは、クロックスが嫌いな人にまで好きになってもらうことではない」とアンドリュー・リーズ(Andrew Rees)CEOは、2019年にBusiness Insiderに語った

「その緊張関係を利用すれば、機会が生まれ、PRにつながり、メディアを動かし、人々の関心を得ることができる。他の方法だと相当な資金を注ぎ込まなくてはならない」

[原文:Crocs shares surge after Justin Bieber teases a collaboration with the iconic 'ugly' shoe brand

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BI PRIME

ベンチャーに立ちはだかる「規制の壁」。改革阻む「民主主義のジレンマ」とは【音声付・入山章栄】

経営理論でイシューを語ろう

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み