BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

まだ食べられるのに年間612万トンの食品を廃棄する日本。フードロスを減らすための一手とは

| Careers

Sponsored

佐藤亮一さん

2020年4月に公表された農林水産省の推計*1によると、日本国内では年間2,550万トンの食品廃棄物等が報告されている。そのうち、まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」は612万トン。推計を取り始めた2012年以降では最小値となるものの、この数字は世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた食糧援助量*2の約1.6倍に相当する。

そうした中、食品ロスを少しでも減らそうとメーカーや輸入業者が抱える賞味期限が迫った余剰在庫を、小売店など販売先に紹介しマッチングさせる「もったいない事業」に奔走する企業がある。東京都北区のアイムライズという、社長以下5名の元気な会社だ。もともとは食品や飲料から雑貨まで取り扱う総合卸売業が主であったが、現在は「もったいない事業」がビジネスの8割を超えるまでになった。

同社代表取締役佐藤亮一氏に、もったいない事業と食品ロスの現状や課題、解決策等について話を聞いた。

*1:農林水産省プレスリリース 食品ロス量(2017年度推計値)の公表について

https://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/200414.html

*2:2018年で年間約390万トン

佐藤亮一(さとう・りょういち)アイムライズ代表取締役。1962年、山形県酒田市生まれ。埼玉県立朝霞高校卒、工業系専門学校を卒業後、航空機製造関連業に約3年従事。その後石油業界、通信システム販売業、通信サービス業、インターネット広告業とさまざまな業界を経て2009年アイムライズ株式会社を創業。2013年代表取締役就任、同年「もったいない事業」をスタート。「日本の食品ロスを限りなくゼロへ!」を目指し、あくなき挑戦を続けている。

Related articles