BI Daily Newsletter

トランプ大統領が感染したままなら「討論会をやるべきではない」 —— バイデン候補が指摘

5f7b6d0594fce90018f7b2d8

Getty/Getty

米大統領選に向け、民主党のジョー・バイデン候補は、トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染したままなら「討論会をやるべきではない」と語った。10月6日(現地時間)、AP通信が報じた。

バイデン候補とトランプ大統領の次の討論会は10月15日に予定されている。バイデン候補は大統領と「討論できることを楽しみにしている」としつつも、「わたしたちは非常に厳格なガイドラインに従わなければならないだろう」と話した。

「大統領が陽性のままなら、討論会をやるべきではない」とバイデン候補は6日、報道陣に語った。

トランプ大統領とファーストレディーのメラニア夫人がともに新型コロナウイルスの検査で陽性となったことは10月2日の朝、明らかになった。トランプ大統領はウォルター・リード米軍医療センターに3日間滞在し、検査や治療を受け、5日にホワイトハウスに戻った。

トランプ大統領の感染が判明して以降、ホワイトハウスの顧問スティーブン・ミラー(Stephen Miller)氏大統領選のキャンペーン・マネジャーのビル・ステピエン(Bill Stepien)氏ホワイトハウスの報道官ケイリー・マケナニー(Kayleigh McEnany)氏を含め、多くの共和党関係者の感染も分かっている。

他にも、大統領とここ数週間以内に同席した人々の感染が確認されている。ニュージャージー州の元知事クリス・クリスティ(Chris Christie)氏 —— 前回、バイデン候補との討論会に向け、トランプ大統領の準備を手伝った —— も週末、検査で陽性となった。

9月に死去したルース・ベイダー・ギンズバーグ連邦最高裁判事の後任として、大統領がエイミー・コニー・バレット(Amy Coney Barrett)氏の指名を発表したホワイトハウスでのイベントに出席した元大統領顧問のケリーアン・コンウェイ(Kellyanne Conway)氏や共和党のトム・ティリス(Thom Tillis)上院議員も、感染が確認されている。

トランプ大統領の感染が判明した後、バイデン候補も新型コロナウイルスの検査を受けていて —— 2日に2度、4日に1度、6日に1度 —— いずれも陰性だった。

ペンス副大統領とバイデン候補が副大統領候補に選んだカマラ・ハリス上院議員は7日に予定されている討論会に出席する見込みだ。感染予防として、2人の間にはプレキシガラスの保護シールドが設置されるが、科学者はこれでは新型コロナウイルスのエアロゾルを食い止めることは恐らくできないだろうとBusiness Insiderに話している

ペンス副大統領とカレン夫人はこれまでのところ、新型コロナウイルスの検査で陰性だ。

[原文:Biden says he and Trump 'shouldn't have a debate' if the president still has COVID-19

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

経営理論でイシューを語ろう

BI PRIME

ベンチャーに立ちはだかる「規制の壁」。改革阻む「民主主義のジレンマ」とは【音声付・入山章栄】

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Oct. 22, 2020, 05:30 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み