BI Daily Newsletter

約53億円分のビットコインを購入…「暗号通貨は将来、より普遍的な通貨になる」とスクエアCFO

ツイッターのジャック・ドーシーCEO。

2018年9月5日、アメリカ上院の公聴会で、ソーシャルメディア上での海外工作の影響力について証言するツイッターのジャック・ドーシーCEO。

Tom Williams/CQ Roll Call

  • スクエアは、4709ビットコインを総額5000万ドルで購入したと発表した。
  • このデジタル決済企業による投資は、2020年第2四半期末時点の総資産の約1%に相当する。
  • スクエアは、ビットコインが将来「よりユビキタスな通貨」になる可能性があると述べている。
  • ビットコインへの直接投資は、同社がこれまで行ってきた暗号業界への投資の一環だ。

デジタル決済企業のスクウェア(Square)が10月7日、4709個のビットコインを総額5000万ドル(約53億円)で購入したと発表した

スクエアは1ビットコインあたり1万617ドルで購入したという。同社は、市場を混乱させることなく1日で5000万ドル分のビットコインを購入できた、と述べている。今回のデジタル通貨への投資は、2020年第2四半期末時点の同社の総資産の約1%に相当する。

スクエアの最高財務責任者、アムリタ・アフジャ(Amrita Ahuja)は、ビットコインは将来、「よりユビキタスな通貨になる可能性を秘めている」と述べた。

スクエアがビットコインに手を出したのは今回が初めてではない。2018年にはP2P決済サービスのCash App内でビットコインの売買機能を提供し、2019年には仮想通貨部門「Square Crypto」を創設した。このチームは暗号化技術の分野でのオープンソースの業務を専門に行なっている。

「ビットコインが普及するにつれ、我々は規律ある方法で学び、参画していくつもりだ」とアフジャCFOは述べた。

スクエアによると、今回の投資は、すべての人が経済に参加し、繁栄できるようにするという同社の目的に沿ったものだという。

「スクエアは、仮想通貨は経済力を強化する手段であり、グローバルな通貨システムに参加する方法を提供すると考えている」と同社は述べている。

ビットコインは8日の取引で3%上昇して1万957ドルになった。



[原文:Square buys 4,709 bitcoins for $50 million on the potential it will be a 'ubiquitous currency'

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

経営理論でイシューを語ろう

BI PRIME

ベンチャーに立ちはだかる「規制の壁」。改革阻む「民主主義のジレンマ」とは【音声付・入山章栄】

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Oct. 22, 2020, 05:30 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み