BI Daily Newsletter

【佐藤優】「世の中は良くなる」という楽観は非理論的な理想?将来への不安と向き合うための「歴史」の学び方

yusato_36_thum

佐藤優さんは「古典を読み込むこと、それに関して意見を交わらせることが、教養を身に付ける基礎となる」と前回シマオに教えてくれた。何千年、何百年前の視点や思考は時代を越えて現代社会の本質を見抜くヒントとなる。シマオは佐藤さんに「歴史」を学ぶ意味を聞いた。

混乱の時代に、人は歴史を求めるようになる

シマオ:教養を身に付けるためには、まずは古典をたくさん読むことが大切ということでした。古いものに学ぶという意味では、やはり歴史を知ることも大切でしょうか?

佐藤さん:そうですね。そのことは、今の「コロナ禍」の世界を見ても分かります。新型コロナの感染が広まってから半年以上が経ちますが、理想的な対策法は見えているでしょうか?

シマオ:いえ。まだどういう対策が正しいのか、よく分かりませんよね。ワクチンもいつできることやら……。

佐藤さん:このような「共時的」なモデルが見えない時には、「通時的」なモデルで考えることが求められます。

シマオ:キョウジテキとツウジテキ……?

佐藤さん:共時的というのは、同時代という意味です。新型コロナの対策はアメリカのやり方が正しいのか、中国、あるいは日本のやり方が正しいのか……ということですが、同じ時代にモデルが見えません。それに対して、過去の歴史の中に使える要素を探そうとする。それが通時的ということです。

シマオ:「歴史に学ぶ」ということですね。

佐藤さん:もちろん、それはあるがままの過去に立ち戻れ、ということではありません。現在の問題意識によって「あるべき過去」を見出すことです。ドイツの哲学者ユルゲン・ハバーマスは、このような目指すべき過去のことを「未来としての過去」と呼びました。

シマオ:なんかカッコいい言葉ですね!

佐藤さん:うまくいっている時代には、人は歴史への関心が少なくなります。同時代の成功者を見ればいいからです。逆に考えれば、人が歴史に関心を持つ時というのは、うまくいっていない困難の時代だということです。最近は、歴史ドラマが人気だったり、日本史に関する新書が売れているようですよ。

シマオ:呉座勇一さんの『応仁の乱』は50万部のベストセラーとなっていますね。

佐藤さん:シマオ君は応仁の乱を覚えていますか?

シマオ:日本史の時間に習いましたが、どんな戦いだったかな……。

佐藤さん:応仁の乱は室町時代の終わりに起きた戦乱で、全国の武将が細川勝元側の東軍と山名宗全側の西軍に分かれて、10年にわたって戦いました。まさに日本史上まれに見る混乱の時代と言うことができます。

シマオ:思い出してきました。そこから戦国大名の時代が始まるんでしたね。

佐藤さん:戦国時代は武将たちが覇権を争って戦う生き様が昔から人気ですが、民衆の側から見れば、戦いなんてこりごりで、早く平和が来てほしいという思いの方が強かったはずです。これって今の世の中にも似たようなことがありませんか?

シマオ:選挙の際に国民は混乱を望んでいない、と佐藤さんは言ってましたよね。

yu_sato_ph

「国民が嫌がるのは、不誠実な政治ではなく社会の混乱」と佐藤さんは言う。

佐藤さん:菅義偉首相の新政権発足直後の支持率は、大手新聞の調査で65~75%程度と小泉純一郎政権以来の高い数字でした。安倍政権を受け継ぐと明言した新政権の支持率が高いということは、多くの人は混乱が回避されたことを好感していると理解できます。

シマオ:確かに、菅さん個人に対する支持率だけとは言えなさそうですもんね。

『太平記』に学ぶ歴史の見方へのヒント

佐藤さん:あるいは前回の古典の話ともつながりますが、『太平記』などを読むと歴史の流れの見方そのものについてのヒントが得られます。

シマオ:え、『太平記』ですか?

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み