BI Daily Newsletter

『セサミストリート』反人種差別をテーマとした特別番組を放送へ

セサミストリート

Ritu Manoj Jethani / Shutterstock.com

  • 反人種差別をテーマにした『セサミストリート』の特別番組『The Power of We』が10月15日(現地時間)からアメリカで放送される。
  • セサミストリートを制作している教育系非営利団体セサミワークショップは、子どもや家族向けに人種差別について教育の機会を与えたいと考えている。
  • 特別番組にはエルモやアビー・カダビーといった人気キャラクターに加えて、タミル(Tamir)、ガブリエル(Gabrielle)といった新キャラクター、有名人のゲストも複数出演する。
  • セサミストリートは放送開始から50年以上、社会の複雑な問題に取り組み続けている。

『セサミストリート』の制作者は、新たな特別番組で再び人種差別に立ち向かう。

セサミストリートを手掛ける教育系非営利団体セサミワークショップは、『The Power of We』という反人種差別をテーマにした特別番組を10月15日からHBO MaxとPBS 24/7で放送する。

番組にはセサミストリートの人気キャラクターであるエルモやアビー・カダビーに加えて、6歳の「ガブリエル」とそのいとこで8歳の「タミル」が登場する。マペットたちは、肌や毛皮の色に基づく不当な扱いに立ち向かう方法を学ぶ。

他にも、テレビドラマ『ブラッキッシュ(Black-ish)』の俳優ヤラ・シャヒディやミュージカル『ハミルトン』の俳優クリストファー・ジャクソン、『ライズ・アップ(Rise Up)』で知られるシンガーのアンドラ・デイといった人間のゲストも出演する。

番組では、2つの新曲『How Do You Know?』『Listen, Act, Unite!』も披露される。後者はジャクソンが書いた曲で、パフォーマンスにはデイも参加する。

セサミワークショップの代表者は、今回の特別番組は子どもや家族向けに人種差別について教育の機会を与えることを目的としていると、プレスリリースの中で述べている。人種差別は今、議論すべき重要なトピックだという。

「『セサミストリート』は他の番組とは違い、子どもたちを楽しませながら社会の複雑な問題を説明することができ、子どもたちと共感的な対話をするのに必要なサポートを家族や子どもの世話をする人々に提供することができます」

「子どもたちがこの問題を理解し、自分たちのため、お互いのため、自分たちのコミュニティーのために『立ち上がる人』になるのに若すぎることはないと教える手助けをするために、今こそ人種差別に関する率直な議論を呼びかける時だと、わたしたちは考えています」

セサミストリート

セサミストリートは1969年に初めて放送された。

Children's Television Workshop/Courtesy of Getty Images

セサミワークショップでは『The Power of We』に加えて、人種差別についての会話の始め方をまとめたガイドなど、オンラインリソースも作っている。

6月には、CNNと共同で『Coming Together: Standing Up to Racism. A CNN/Sesame Street Town Hall for Kids and Families』と呼ばれる、人種差別をテーマとしたセサミストリートの対話集会を放送した

1969年11月10日に初めて放送されたセサミストリートはこれまで、社会の複雑な問題を取り上げ続けてきた。その中で物議を醸したこともある

番組初の"黒人"マペット「ルーズベルト・フランクリン」は1975年、番組から消えた。黒人の子どもに対するネガティブなステレオタイプを固定化させると視聴者から批判を受けたためだ。

1982年には、「フーパーのお店」の店主として番組に出演していた俳優ウィル・リーが心臓発作で亡くなると、その死を『フーパーさん、さようなら』の放送回で描いた。

2002年には、「カミ(Kami)」という名前のHIVに感染している5歳のマペットが南アフリカ版のセサミストリート『タカラニセサミ(Takalani Sesame)』に登場した。南アフリカのHIV/AIDS危機に取り組むものだった。

2019年には、オピオイド依存症の治療のため「しばらく留守にして」いなければならない母親を持つ「カーリ(Karli)」という名前のマペットが登場した。親の依存症について子どもたちに情報を与えていると称賛する声もあった一方で、子ども向けにこのような教育が必要になるくらい社会が低下していることの表れだと指摘する声もあった。

The Power of We』は10月15日からHBO MaxとPBS 24/7で放送される。11月いっぱいは再放送も予定されている。

Insiderはセサミワークショップにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

[原文:'Sesame Street' will air an anti-racism segment for kids and families

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み