18歳の少年が駅を購入したのが始まり! 自然に囲まれたビンテージの鉄道車両ホテルをのぞいてみた

列車

Courtesy of Tourism Nova Scotia

現代的なアメニティーを利用しつつ、鉄道車両で過去の世界に戻れるとしたらどうだろう? カナダのトレイン・ステーション・インはまさにその希望を叶えてくれる。

自然に囲まれた、リノベーションされた20世紀の車両に泊まれるブティックホテルをのぞいてみよう。

それぞれの車両にバスルーム、エアコン、ケーブルTV

プラットフォーム

1989年、タタマガッチ駅はトレイン・ステーション・インとして生まれ変わった。

Train Station Inn

ノバスコシア州の海沿いの村タタマガッチにあるこのホテルには、9つの"客室"がある(車両は1911年から1978年のもの)。

車両にもよるが、1つの車両に最大で4人まで宿泊でき、料金は1泊129.50ドル(約1万4000円)~189.50ドル。車両によっては、1泊25ドルでペットも一緒に泊まれる。

寝室

「Caboose #8」の寝室。

Train Station Inn

それぞれの車両にはエアコン、バスルーム、ケーブルTVがついていて、鉄道の記念品も飾られている。

室内の様子

「Caboose #8」の客室内。キチネットも付いている。

Train Station Inn

キチネット(簡易キッチン)やプライベートデッキが付いている車両もある。コーヒーを飲むのにぴったりだ。

1928年製の1等車では食事もできる

プラットフォーム

Train Station Inn

この食堂車では昼食と夕食を提供している。また、修復したプラットフォームを利用してアウトドアのライブ音楽イベントを開くこともある。Jitney Caféでは朝食や飲み物、お菓子を手に入れることもできる。

どちらも5月半ばから10月半ばまで営業しているが、今シーズンはテイクアウトのみとなっている。

プラットフォーム

Courtesy of Tourism Nova Scotia

トレイン・ステーション・インにはギフトショップもあり、記念品や土産物を売っている。オンラインでも購入可能だ。

1887年から1986年まで、ここは鉄道の駅として実際に使用されていた

トレイン・ステーション・イン

Train Station Inn

ホテルになる前、1887年から1986年まで、このトレイン・ステーション・インは交通機関として使用されていた。

取り壊しから守るために現在のオーナー、ジェームス・ル・フレンヌ(James Le Fresne)さんがタタマガッチ駅を買ったのは1974年のことだ。この頃までに旅客、貨物サービスは中止されていた。

駅を買った時、ル・フレンヌさんは18歳で、すぐにホテルのアイデアが生まれた。

2年間におよぶ修復を経て、トレイン・ステーション・インは1989年に正式オープンした。

カナダの最も有名なトレイルにも近い

トレイン・ステーション・イン

Train Station Inn

トレイン・ステーション・インは自然が大好きな人にぴったりだ。タタマガッチ駅を通る線路はトランス・カナダ・トレイル(「グレート・トレイル」としても知られる)の一部を形成するレクリエーショントレイルとなっている。

全長1万5000マイル(約2万4000キロメートル)以上のトランス・カナダ・トレイルは、大西洋から太平洋、北極海へと続くカナダの歩行者自転車専用道路、車道、水路網だ。

世界最長のレクリエーショントレイル網と言われている。

[原文:You can stay in vintage railroad cars that have been converted into cozy bedrooms surrounded by nature

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み