BI Daily Newsletter

DeNAを選ばせた南場氏の吸引力。自動運転事業で築いた地方と日本の課題【ベースフード・橋本舜2】

ベースフードCEO 橋本舜 ミライノツクリテ

かつてエリートの進路の王道と言われた官僚や金融、総合商社“ではない道”を選ぶ東大生が増えている。

ベースフード社長の橋本舜(32)もまた、その1人だった。

今でこそ、プロ野球チームのオーナーであり、渋谷ヒカリエに立派なオフィスを構える大企業として知られるDeNAだが、橋本が就職活動をしていた時期はその前。2011年だ。

祖父が創業した自営業の家庭に育ち、社会への関心を持つのは早かった。高校生の頃には、経済誌を読み、「同世代や社会に出たことがない先輩の話は鵜呑みにしないと決めていた」。

とはいえ、「就職するならやっぱり商社かメーカーかな」と漠然と考えていた橋本は、軽い気持ちで参加したDeNAのインターンシップで揺さぶられる。一緒に参加した学生たちのアントレプレナーシップに刺激を受けたのだ。

「僕は剣道部で体育会系のカルチャーに染まって、竹刀を握って過ごしていたのに、『学生団体を立ち上げました』『起業しました』と社会と接点を持つ同年代がこんなにいたんだなと。まぶしく感じると同時に、自分はこのままでいいのかと引っ掛かったんです」

一度は蓋をしたその引っ掛かりは、就職活動を始める時期にまたわき上がってきた。

「自分の中で納得感はありました。そういう時代なんだよなと。当時、話題になっていた『ソーシャルネットワーク』(フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグを描いた映画)も観ましたし、シリコンバレーの動きに関心もあったので、王道とされてきた就職先に本心から惹かれていない自分にも気づいていました」

被災地ボランティアで気づいた未来向く強さ

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み