無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


独メルセデス・ベンツ“EV化10年計画”を発表。高級セダン「EQS」から超高級車「マイバッハ」まで

EQS 電気自動車

10月8日のグローバル戦略発表会では、電気自動車(EV)EQシリーズの新車種「EQS」が2021年にデビューすることが明らかにされた。

Daimler

  • 独メルセデス・ベンツは、同社の電気自動車(EV)の将来展開について詳細を明らかにした。
  • メルセデスはEV向けの共通プラットフォーム「エレクトリック・ビークル・アーキテクチャ(EVA)」を開発し、新型EV「EQS」とともに2021年にデビューさせる。
  • EQSは全電動、ガソリン車の「Sクラス」に近い高級セダン。
  • 「AMG」「マイバッハ」「Gクラス」も順次EV化を進めるという。

2021年から始まるメルセデス・ベンツのEVラインナップに注目だ。

10月6日に発表したグローバル戦略のなかで、メルセデスは今後10年かけてラインナップの電動化を進めていく計画を明らかにした。

メルセデス・ベンツ 電気自動車 ロードマップ

メルセデス・ベンツの電気自動車(EV)開発ロードマップ。

Daimler

まずは大型車のEV版の生産から始め、その後、高性能スポーツカー「AMG」、超高級車「マイバッハ」、多目的スポーツ車(SUV)「Gクラス」もEV化する。また、2025年には中小型車のEV化にも着手する。

電動化の動きはすぐに始まる。メルセデスは開発中の共通プラットフォーム「エレクトリック・ビークル・アーキテクチャ(EVA)」をベースとする新型EV4車種を発表。トップバッターは高級セダンの「EQS」で、2021年にも市場投入する。「Sクラス」のEV版に相当するという。

EVA EQS メルセデス プラットフォーム

メルセデスのプレゼン資料より。共通プラットフォーム「エレクトリック・ビークル・アーキテクチャ(EVA)」とそれをベースにした「EQS」を2021年にデビューさせる。

Daimler

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

北京・上海で計画停電、信号も止まる「電力不足」。優先すべきは経済か環境か…中国が直面する矛盾

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Oct. 19, 2021, 07:15 AM

有料会員限定

karakama_WEO_202110_top

日本経済の悪化ぶりは別次元。最新のIMF「世界経済見通し」が示すアフターコロナの“国際格差”

  • 唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト]
  • Oct. 19, 2021, 07:00 AM
  • 15,063

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み