BI Daily Newsletter

独メルセデス・ベンツ“EV化10年計画”を発表。高級セダン「EQS」から超高級車「マイバッハ」まで

EQS 電気自動車

10月8日のグローバル戦略発表会では、電気自動車(EV)EQシリーズの新車種「EQS」が2021年にデビューすることが明らかにされた。

Daimler

  • 独メルセデス・ベンツは、同社の電気自動車(EV)の将来展開について詳細を明らかにした。
  • メルセデスはEV向けの共通プラットフォーム「エレクトリック・ビークル・アーキテクチャ(EVA)」を開発し、新型EV「EQS」とともに2021年にデビューさせる。
  • EQSは全電動、ガソリン車の「Sクラス」に近い高級セダン。
  • 「AMG」「マイバッハ」「Gクラス」も順次EV化を進めるという。

2021年から始まるメルセデス・ベンツのEVラインナップに注目だ。

10月6日に発表したグローバル戦略のなかで、メルセデスは今後10年かけてラインナップの電動化を進めていく計画を明らかにした。

メルセデス・ベンツ 電気自動車 ロードマップ

メルセデス・ベンツの電気自動車(EV)開発ロードマップ。

Daimler

まずは大型車のEV版の生産から始め、その後、高性能スポーツカー「AMG」、超高級車「マイバッハ」、多目的スポーツ車(SUV)「Gクラス」もEV化する。また、2025年には中小型車のEV化にも着手する。

電動化の動きはすぐに始まる。メルセデスは開発中の共通プラットフォーム「エレクトリック・ビークル・アーキテクチャ(EVA)」をベースとする新型EV4車種を発表。トップバッターは高級セダンの「EQS」で、2021年にも市場投入する。「Sクラス」のEV版に相当するという。

EVA EQS メルセデス プラットフォーム

メルセデスのプレゼン資料より。共通プラットフォーム「エレクトリック・ビークル・アーキテクチャ(EVA)」とそれをベースにした「EQS」を2021年にデビューさせる。

Daimler

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み