BI Daily Newsletter

資本主義は個人の可能性を眠らせる。お金でない豊かさを目指した“縁”【TSUMUGI・はしかよこ】

はしかよこ

撮影:今村拓馬

Business Insider Japanの読者であるミレニアル世代、特に20代にとって、政権と言えば、安倍政権という印象を持つ人も少なくない。日本では稀に見る長期政権は、この世代にどんな影響を及ぼしたのだろうか。一方、彼ら彼女らの意識の変容が長期政権を可能にもしている。

ミレニアル世代のビジネスパーソンや研究者などに聞く2回目は10月に生活共同体「TSUMUGI(ツムギ)」を立ち上げたはしかよこさん(31)。資本主義の限界も指摘される中、「循環型社会」を目指すための場所を、はしさんはなぜつくろうと思ったのか。


10月に生活共同体「TSUMUGI(ツムギ)」を仲間と共に立ち上げました。

ここで実現したいことはもっと暮らしを大事にしたい、自分なりの形で循環型の経済を体験したいという人たちの共同体をつくること。まずは食べることから、と農家や生産者の方と一緒に畑で野菜などを作ってみることを始めました。単なる畑のシェアリングとの違いは、参加者自ら農作業を体験することで、どれだけレスポンシビリティ(責任)を持てるかという点です。

0期の募集はおかげさまですぐに埋まりました。「人間らしい暮らしを取り戻したい」「本当の豊かさについて考えたい」という人は増えていると感じています。

社会のシステムは“モノクロの世界”だった

就活生

社会は“モノクロ”に見えた。違和感を持っていた就活は1度説明会に行ってやめた。

撮影:今村 拓馬

私は資本主義社会に対する違和感や生きづらさを抱えながら生きてきました。昔から表現することが好きで、文章を書いたり、ロックバンドをやったり。大学の途中では美大に編入することも考えました。そんな大学時代を過ごしていたため、就活する意義も全く見出せませんでした。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み