BI Daily Newsletter

新型コロナウイルスは、スマホの画面で最長4週間生き続ける…最新の研究で明らかに

スマホを拭く

Crystal Cox/Business Insider

  • オーストラリア連邦科学産業研究機構の研究によると、ガラスなどのなめらかな面に付着した新型コロナウイルスは、室温で28日間生き延びることができる。
  • この研究では、スマートフォンのガラス製スクリーン、プラスチック製と紙製の紙幣、ステンレスに付着させたウイルスについて実験が行われた。
  • 紫外線が新型コロナウイルスを死滅させることが分かっているため、実験は暗所で行われた。
  • これまでの研究では、ウイルスがこれらの表面に存在できるのは7日以内だとされていた。

オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)が行った新たな研究によると、スマートフォンのスクリーンに付着させた新型コロナウイルスは、実験室で28日間生き残った。これまで考えられていたよりも長い期間だ。

研究者らは、スマートフォンのガラス製スクリーンや紙幣などのなめらかな表面にウイルスを付着させ、摂氏約20度の暗所に置いて実験を行った(これまでの研究では、紫外線が新型コロナウイルスを死滅させることが分かっている)。

その結果、このような条件下でウイルスは、1カ月近く生き延びることが分かった。

CSIROによるこの実験の結果は、ウイルス学ジャーナル(Virology Journal)誌に10月7日付で発表されたこれまでの研究によると、新型コロナウイルスはガラスや紙幣の上では約2、3日、プラスチックやステンレス・スチールの上では最長でも6日ほどしか生存しないとされていた。またランセット(Lancet)誌に掲載された研究論文には、ステンレス・スチールの上では7日間生存したことが記されている。

最新の研究によると、布のような多孔質材料の上では、ウイルスは14日以上は生存しなかった。一方、インフルエンザウイルスは、同じ条件で17日間生き延びた。また、付着した表面の温度を摂氏40度まで上げると、ウイルスは24時間しか生きられないことも分かった。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、ウイルスに触れた手で口、目、鼻を触るとCOVID-19に感染することがあるが、これは人と人との濃厚接触による感染よりもはるかに少ないと考えられている。

本稿執筆時点で、全世界のCOVID-19による死者は100万人以上、感染者数は3740万人となった。現在、ヨーロッパや南米を中心に、症例数が増加傾向にある。

[原文:COVID-19 can survive on phone screens for 28 days in the dark, study suggests

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み