BI Daily Newsletter

イーロン・マスク、リチャード・ブランソン、ピーター・ティール…あの一流経営者たちが採用面接で必ず聞く質問20選

  • 採用面接で聞かれる質問には、答えやすい単純な質問もあれば、応募者を困らせるような意表を突いた質問もある。
  • イーロン・マスクやラリー・エリソンのような優れたCEOらは、これまで数え切れないほどの面接を行ってきたため、質問の仕方が手慣れている。
  • そこで本稿では、著名な経営者たちが求職者たちによく尋ねる質問を集めた。

事業で成功を収めてきた経営者には、採用面接で見事な質問をする人が多い。つまらない質問や関係のない質問で時間を無駄にしたくないという習慣が身についているのだ。

このため、多くの場合彼らには「これは必ず聞いておきたい」という質問がある。それさえ聞けば、求職者について知りたいことが全部分かるような質問だ。頭をひねらないと解けないような難問を出して論理的思考力を見たり、ストーリーを語らせるような問いを投げかけてクリエイティブな答えを求めるなど、傾向はさまざまだ。

スタートアップの経営者は、求職者がクリエイティブな思考を持っているか、新たな視点をチームにもたらしてくれるかを見極めたいと思っているため、採用面接で独自の質問をする場合がよくある。

採用面接での質問の中には、ストレートに答えやすいものもあれば、求職者をわざと困らせる意図で聞くものもある。どんな面接でもほぼ毎回最後に聞く質問は、その経営者にとって非常に重要であることが分かる。

企業のトップたちが採用面接で求職者に聞く質問のうち、気に入っているものは何ですかという問いに答えてもらった。本稿ではその回答から20選を紹介する。

リチャード・ブランソン(ヴァージン・グループ創設者)

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み