BI Daily Newsletter

資産運用大手ブラックロック、英EVベンチャーに120億円出資。物流大手UPSの配送バン1万台受注済み

UPS アライバル Arrival 電気自動車

英電気自動車(EV)ベンチャー、アライバル(Arrival)が物流大手UPSから受注した配送用EVバン。コスト、デザイン、効率性ともガソリン車を上回り、UPS側の運用コストを50%カットできるという。

提供:Arrival

  • 米資産運用大手ブラックロックが、英電気自動車(EV)ベンチャーのアライバル(Arrival)に1億1800万ドル出資した。
  • 米ウォール・ストリート・ジャーナルによると、アライバルの評価額は今回の出資を含めて35億ドルに達した。
  • アライバルはEVバスと商用EVバンの開発を進めており、航続距離は充電1回あたり最大300マイルという。

英EVベンチャーのアライバルは10月14日、米資産運用大手ブラックロックから1億1800万ドル(約124億円)の出資を受けたと発表した

米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、この出資によりアライバルの評価額は35億ドル(約3675億円)となった。

ブラックロックの運用する資産は総額7兆ドル(約735兆円)、交通分野の環境企業への出資は今回が初めてではない。2019年には、EVピックアップトラック「R1T」を2021年に市場投入予定のリビアン(Rivian)に13億ドル(約1370億円)を投じている。

ロンドンに本拠を置くアライバルの設立は2015年。EVバスと商用EVバンを開発中で、同社のウェブサイトによれば、フル充電1回あたりの航続距離は300マイル(約480キロメートル)。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み