BI Daily Newsletter

フォルクスワーゲンの“大衆向け”新型EV「ID.4」が、テスラと全く異なる「4つの理由」

フォルクスワーゲン ID.4

2021年初頭にデビュー予定、フォルクスワーゲンの新型EV「ID.4」。

Volkswagen

  • 2021年、独フォルクスワーゲンは新型プラットフォームを採用した初の全電動車「ID.4」をアメリカで発売する。
  • アメリカでは多目的スポーツ車(SUV)が人気で、ID.4もガソリン車の「ティグアン」のような小型SUVとなる。
  • ID.4は4万ドルからと攻めた価格設定になっている。

フォルクスワーゲンは2021年にデビューさせる新型電気自動車(EV)「ID.4」を、一時の賑やかしでなく、普段の生活で使いたい人のためのクルマにしようと考えている。同社はその目的を果たすため、4つの大きな決断を下した。

現時点で、本当の意味で実用的なEVに望まれるのは、広くユーザーに受け入れられる存在になることだ。実際、テスラはEVを普及させるために20年近く苦心してきた。

ただ、手ごろな価格で量産可能なEVという理想は長年語られてきたにもかかわらず、いまだに実現していない。ID.4はついに、そんな理想を現実のものとしてくれるかもしれない。

10月14日に正式発表されたID.4は、フォルクスワーゲンがアメリカ本土で発売する初の全電動車になる。

時速100キロに達するまでの猛烈な加速力を売りにするテスラやルーシッド・モーターズとは違って、ID.4は一般向けの普段使いのクルマであることを前面に押し出している。

より「大型」に

フォルクスワーゲン ID.4

Volkswagen

全電動車は多くの消費者にとって相変わらず高額商品の類いであり、フォルクスワーゲンはその状況を変えるために、いくつか大きな変化の選択肢を選んだ。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み