無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


フォルクスワーゲンの“大衆向け”新型EV「ID.4」が、テスラと全く異なる「4つの理由」

フォルクスワーゲン ID.4

2021年初頭にデビュー予定、フォルクスワーゲンの新型EV「ID.4」。

Volkswagen

  • 2021年、独フォルクスワーゲンは新型プラットフォームを採用した初の全電動車「ID.4」をアメリカで発売する。
  • アメリカでは多目的スポーツ車(SUV)が人気で、ID.4もガソリン車の「ティグアン」のような小型SUVとなる。
  • ID.4は4万ドルからと攻めた価格設定になっている。

フォルクスワーゲンは2021年にデビューさせる新型電気自動車(EV)「ID.4」を、一時の賑やかしでなく、普段の生活で使いたい人のためのクルマにしようと考えている。同社はその目的を果たすため、4つの大きな決断を下した。

現時点で、本当の意味で実用的なEVに望まれるのは、広くユーザーに受け入れられる存在になることだ。実際、テスラはEVを普及させるために20年近く苦心してきた。

ただ、手ごろな価格で量産可能なEVという理想は長年語られてきたにもかかわらず、いまだに実現していない。ID.4はついに、そんな理想を現実のものとしてくれるかもしれない。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

tmb_china.001-1

中国政府、少子化対策で「宿題禁止令」。幼稚園で円周率100ケタ暗記、重い負担が社会問題に

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Aug. 03, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み