BI Daily Newsletter

コロナ時代の管理職が考えるべきこと…部下の課題に共感することも重要

上司は自宅からチームをまとめていく方法を学ばなければならない。

上司は自宅からチームをまとめていく方法を学ばなければならない。

staticnak1983 / getty images

  • 最新の調査で、管理者の84%がパンデミック中の部下のサポートをうまくできていると思っていることが明らかになった。
  • それに対して、上司がよい仕事をしていると感じている部下は69%だった。
  • この食い違いは、上司は部下の感情面と仕事面の両方のニーズに対応しなければならず、それを効果的に行うツールがないために生じているという。
  • よりよい職場環境を作るためには、上司は健全なワークライフバランスのモデルとなり、より親身になる必要がある。

上司にとって難しい時代になった。

新型コロナウイルスによって、アメリカの企業が3月にリモートワークせざるを得なくなったとき、多くの企業はその準備が整っていなかった。ビジネスを遠隔地に移動させる際の物流上の問題に加えて、24時間365日体制の在宅勤務への移行は、管理者にとってさらに大きな問題だった。ストレスに疲れたチームのメンバーを、コンピューターの画面を通じて指揮しなければならないのだ。

パンデミック発生から8カ月近く経ったが、状況はあまりよくなっていない。そして、上司が考えていることと、上司に対する部下の本音の間には、明らかな乖離が生じている。

マネージメントソフトウェアを提供する15Fiveが、アメリカでフルタイムで働く管理職750人とその従業員750人に行った調査で、パンデミックの間、部下のサポートをよくできたと感じた上司は84%だが、同じように感じている従業員は69%にとどまった。

この結果は、心理学者が「自信過剰バイアス」と呼ぶものの存在を示唆している。それは、自分の能力を客観的な数値よりも高く誤認することだ。今回のケースでは、上司は部下の管理やサポートをうまくやれていると信じていた。

15FiveのCEOで共同創業者のデービッド・ハッセル(David Hassell)は、上司は部下の感情面と業務面の両方のニーズに対応しなければならず、多くの企業でそれを適切に行うツールを提供していないため、この食い違いが生じていると述べた。

同社の調査で、65%の一般管理職が仕事を効果的に行うのが通常より難しかったと答え、上級管理職の76%も同様に回答した。「人との繋がりがこれまで以上に重要だが、この環境、特にシステムが整っていない中では関係を構築することがさらに難しくなる」と、ハッセルはBusiness Insiderへメールで述べた。

「強固な信頼関係を築くためには、上司と直属の部下の1対1のミーティングがとても重要だ」

パンデミックは、ほぼすべての人のメンタルヘルスに影響を及ぼした。プルデンシャルによるレポートでは、アメリカの労働者の65%が「パンデミックが大きなストレスをもたらした」と回答している。

リモートワークでは、昼食抜きで長時間働くことが驚くほど簡単にできてしまう。それはオンとオフの区別を曖昧にし、燃え尽き症候群を引き起こす可能性がある。

「上司はこれらの課題に共感する必要がある」と、ソフトウェア企業のAffectivaの共同創業者でCEOのラナ・エル・カリウビ(Rana el Kaliouby)はInc.に寄稿した

「我々は皆、このパンデミックの真っ只中にいるが、状況は同じではない。人々へ与える影響はさまざまで、上司としてそれを見過ごしてはいけない」と、彼女は書いている。

従業員エクスペリエンスに関するソフトウェア企業Limeadeの人事マネージャー、ナニ・ヴィシュワナート(Nani Vishwanath)は、「部下が疲弊しないために、上司は健全なワークライフバランスを奨励する必要がある」と、以前Business Insiderに語った。これには、有給休暇の取得、チーム内の聞き取り調査、定期的な健康診断などを部下に勧めることが含まれる。

「部下が過酷なプロジェクトをやり遂げたり、重要な締切をクリアした時には、『本当によく頑張った。充電するために休暇を取ろう』と言うべきだ」と、ヴィシュワナートはBusiness Insiderに語った。

だが、ワークライフバランスを促進する完璧かつ最善の方法は、自分自身が見本になることだ。部下に有給休暇を取るように勧めたら、自分も取得しよう。定期的に休憩時間をとり、部下にも同じことを勧めよう。部下の課題を理解しつつ、自分自身が困難な時は率直に話し合おう。完璧な上司はいないし、すべての部下が上司のマネージメント・スタイルを好きになるとは限らない。しかし危機的状況の時にリーダーとしての役目を果たすには、ある種の共感力が必要だ。

「我々は皆、職場や家庭、コミュニティなど何らかの場所でリーダーだ。現在のような困難な局面では、どのようにリーダーシップを取るかが重要だ」とエル・カリウビは語った。

[原文:Most bosses think they're doing a better job leading than they actually are. Here are some ways to close the gap.

(翻訳:Makiko Sato、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み