BI Daily Newsletter

日本に“GAFA”は生まれるか? スタートアップに変化の兆し、鍵は「ロボット工学とAI」

tmb_GAFA.001

achinthamb / Shutterstock.com; Tada Images / Shutterstock.com; Kryuchka Yaroslav / Shutterstock.com; Vividrange / Shutterstock.com

  • 日本のソフトウェア企業は、業界を席捲し続けるフェイスブック、マイクロソフト、グーグルといったアメリカの競合に後れをとっている。
  • しかし近年、ユニコーンの台頭、ベンチャーキャピタルによる出資の増加、起業家の急成長が日本のスタートアップの道筋を示している。
  • これまで日本企業が後塵を拝してきた原因は何なのか。日本のテック文化に最近見られる変化とは何か。専門家や関係者らに話を聞いた。

かつて、欧米のテックジャイアンツにとって、ソニーは見上げるような存在だった。最盛期のソニーは、最先端のデザインとクールなイメージから、日本で最も有名なテック企業だったといえる。

アップルの共同創業者スティーブ・ジョブズは、ソニーのノートパソコンVaioからインスピレーションを得てMacbook Airを開発した。ソニーのウォークマンやCDプレーヤーはiPodの先導モデルとなった。

しかし、2007年夏にiPhoneが初登場すると、両社は異なる道を歩み始めた。

アップルは、独自のソフトウェアとエコシステムを開発。モバイル機器に搭載されたMacOSとiOSが同社のハードウェアに付加価値を与えた。

一方ソニーは、ゲーム事業を除きハードウェアに専心した。電子書籍技術を活用した事業では、ソニーが先行して2004年に電子書籍端末「リブリエ」を市場に投入。しかし、リブリエのソフトウェアは直感的に操作できるとは言いがたかったし、簡単にダウンロードできる書籍も揃っていなかった。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み