BI Daily Newsletter

アディダス、リーボックの売却を検討か —— 早ければ2021年3月までに

スニーカー

Reebok

ドイツのスポーツ用品大手アディダス(Adidas)は、スニーカーブランド「リーボック(Reebok)」の売却を検討している。早ければ2021年3月までに売却を完了したい意向だという。関係者がブルームバーグに語った

売却に向けて、アディダスは秘密保持契約を結んだメンバーで構成する社内チームを立ち上げたが、検討はまだ初期段階だと関係者は話している。

アディダスの広報担当者は「市場の噂にはコメントしない」とBusiness Insiderに語った。

アディダスは2006年、約31億ユーロ(約3830億円)でリーボックを買収した —— ライバルであるナイキ(Nike)との競争力を維持するためのものだった。

買収以来、アディダスの収益に占めるリーボックの割合は低下し続けている。2007年にはアディダスの全体の小売売上高の4分の1 —— 20億ドル以上 —— はリーボックが占めていた。ところがこの10年でその割合は大幅に下がり、2020年6月期は6.4%だった。

2020年6月期、アディダスの売り上げは前年比で3分の1減った一方、リーボックの売り上げは42%減の2億2800万ユーロだった。

アディダスがリーボックの売却を検討していると最初に報じたドイツのマネジャー・マガツィーン(Manager Magazin)誌は、売却先の候補として、ティンバーランド(Timberland)やヴァンズ(Vans)、ザ・ノース・フェイス(The North Face)といったアウトドア・ブランドを所有するVFコーポレーション(VF Corp)や、フィラ(FILA)を所有するアンタ・インターナショナル・グループ・ホールディングス(Anta International Group Holdings)を挙げたが、情報源は示していない。

[原文:Adidas is considering selling Reebok amid declining sales of the sneaker brand, according to a report

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み