BI Daily Newsletter

バイデン勝利に備えて? トランプ大統領の世界の"お友達"が大統領と距離を置き始めている

トランプ、ジョンソン

2019年12月4日、イギリス。

REUTERS/Peter Nicholls/Pool

  • アメリカの大統領選を前に、世界の指導者たちは民主党のジョー・バイデン候補勝利に向けて備えているようだ。
  • ロシアのプーチン大統領やイスラエルのネタニヤフ首相、ジョンソン首相率いるイギリス政府は最近、トランプ大統領と距離を置こうとしているように見える。
  • プーチン大統領は10月25日、バイデン候補の息子のビジネスに対するトランプ大統領の批判を「刑事犯罪に当たる要素は全く見当たらない」と述べて、はねつけた
  • 世論調査の分析などを行うファイブサーティエイト(FiveThirtyEight)によると、26日夜の時点でバイデン候補が平均して9.4ポイント、トランプ大統領をリードしている。

トランプ大統領はこれまで、ロシアのプーチン大統領を「非常に賢い」とか「非常に強い」などと呼び、一貫して称賛してきた。プーチン大統領も、弾劾裁判の際には疑惑は「でっち上げ」だとして、トランプ大統領を擁護した。

プーチン、トランプ

2019年6月28日、大阪。

Kevin Lamarque/Reuters

Source: CNN, Vanity Fair


ところが、25日にテレビ出演したプーチン大統領は、バイデン候補の息子ハンター・バイデン氏がウクライナで何かしらの罪を犯したとは考えていないと語り、トランプ大統領のバイデン候補に対する批判をはねつけた。

トランプ、プーチン

Getty

「ウクライナで(ハンター・バイデンが)過去にビジネスを行っていたというのはその通りで、現在も行っているかもしれない。わたしは知らない。それはロシアには関係がなく、アメリカとウクライナに関係のある話だ」とプーチン大統領は語った。

「彼は少なくとも1社を所有していたし、事実上のトップを務めていた。全ての要素から判断すると、かなりの稼ぎもあった」

「そこに刑事犯罪に当たる要素は全く見当たらないし、少なくとも我々は何も知らない」

ハンター・バイデン氏のウクライナやロシアとの過去のビジネス上の関係は、大統領選に向けたキャンペーンを通じて、トランプ大統領のお気に入りの攻撃材料だ。

トランプ大統領は、バイデン親子がウクライナで道義に反する行いに関与したと繰り返し非難しているが、こうした疑惑を裏付ける証拠は一切確認されていない。

Source: Reuters


プーチン大統領のテレビ出演の2日前には、もうひとりの"お友達"であるイスラエルのネタニヤフ首相にトランプ大統領は失望させられた。23日の電話会談で、バイデン候補の悪口を言わせようとしたトランプ大統領の試みを、ネタニヤフ首相は巧みにかわした。

トランプ、ネタニヤフ

イスラエルがシリアから奪って占領する中東のゴラン高原について、イスラエルの主権を正式に認める文書に署名した後、記念撮影するトランプ大統領とネタニヤフ首相(2019年3月25日、ホワイトハウス)。

REUTERS/Leah Millis

トランプ大統領とネタニヤフ首相の"友情"の成果としては、アメリカの大使館をエルサレムに移転させたことや、トランプ大統領がイランの精鋭部隊「イスラム革命防衛隊(IRGC)」をテロ組織に指定したこと、ゴラン高原についてイスラエルの主権を認めたことなどが挙げられる。

だが、23日の電話会談で「スリーピー・ジョー(寝ぼけたジョー)」 にイスラエルとスーダンの国交正常化を仲介できたと思うか、トランプ大統領に尋ねられた際、ネタニヤフ首相は「わたしに言えることは、わたしたちはアメリカの誰からの和平に向けた手助けにも感謝するということだ」と答えた。


トランプ大統領はイギリスのジョンソン首相とも親しい間柄だった。ところが、タイムズによると、ジョンソン首相率いるイギリス政府は、バイデン陣営と積極的に親しくなろうとしている。

トランプ、ジョンソン

2019年12月4日、イギリス。

REUTERS/Peter Nicholls/Pool

イギリスのタイムズによると、イギリスのラーブ外相は最近、バイデン候補の側近中の側近で、バイデン候補が大統領に就任すれば国務長官になる可能性もあると考えられている民主党のクリス・クーンズ(Chris Coons)上院議員と会談した。

イギリスの元財務相で、保守党の重鎮サジド・ジャヴィド(Sajid Javid)氏も先週、バイデン候補を支持する考えを明らかにしている。ジャヴィド氏はこれまで、共和党の候補たちを支持してきた。


バイデン候補の勝利を予想しているのは、世界の指導者たちだけではない。複数の共和党関係者がトランプ敗戦に向けて心の準備をしている。

テッド・クルーズ

共和党のテッド・クルーズ上院議員。

Tom Williams-Pool/Getty Images

2016年の共和党の大統領予備選挙でトランプ大統領と競った、テキサス州選出のテッド・クルーズ(Ted Cruz)上院議員は10月上旬、共和党は11月には「大量解雇」に見舞われ、上院およびホワイトハウスのコントロールを失う恐れがあると警鐘を鳴らした

ネブラスカ州選出のベン・サス(Ben Sasse)上院議員も、ワシントン・エグザミナー(Washington Examiner)が入手した音声テープの中で、トランプ大統領を応援しない理由を説明する際に「独裁者にへつらう」大統領だと批判している

ある共和党のベテラン上院議員の側近は、トランプ大統領の新型コロナウイルス感染は、共和党にとって「とどめを刺すもの」だったとロイターに語っている

上院のミッチ・マコーネル(Mitch McConnell)院内総務までもが、トランプ大統領と距離を置いておこうとしている。マコーネル院内総務は政権の新型コロナウイルス対策の甘さを理由に、もう2カ月以上ホワイトハウスを訪れていない

ニューヨーク・タイムズデイリー・ビースト(Daily Beast)の報道によると、右寄りのFox Newsやニューヨーク・ポストを所有しているメディア界の大物ルパート・マードック(Rupert Murdoch)氏も、バイデン候補の大勝を予想しているという。

Source: Business Insider


世論調査の分析などを行うファイブサーティエイトによると、26日夜の時点でバイデン候補が平均して9.4ポイント、トランプ大統領をリードしている。

バイデン

Getty

Source: FiveThirtyEight

[原文:Trump's closest allies around the world are distancing themselves from him in apparent preparation for a Biden win

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み