BI Daily Newsletter

米GM“全面的EVシフト戦略”の最初の一歩が、2022年デビュー「ハマーEV」である理由

prime_hummerEV_top

電動ピックアップトラック「ハマーEV」はガソリン車版「ハマー」のファンを惹きつけられるか。

Screenshot of GMC brand website

  • 米ゼネラル・モーターズ(GM)はピックアップトラック「ハマー(Hummer)」の電気自動車(EV)版を2022年に発売する。
  • GMの同車担当プロダクト・マーケティング・ディレクターは、オンロードとオフロードそれぞれにおける性能の高さとその組み合わせによって、EVに半信半疑の消費者も満足させられると強調する。

ハマー電動化の発表は、大量のガソリンを消費する多目的スポーツ車(SUV)を看板製品としてきたGMにとって、方針転換を示唆する画期的な宣言と言っていいだろう。

ハマーEVは「GMC」ブランドから発売されるピックアップトラック。GMのコアビジネス部門では、1990年代に登場した「EV1」、プラグインハイブリッド車(PHV)の「シボレー・ボルト」、2016年発売の「シボレー・ボルトEV」に続く、次世代EVラインナップの最先鋒としての位置づけとなる。

GMはこのハマーEVを含め、2023年までに少なくともEV20車種を市場投入しようとしている。

しかし、その計画が成功をおさめるにはまず、ガソリン車をいまだにこよなく愛する消費者を納得させ、新たなテクノロジーに移行させなくてはならない(2019年のアメリカ自動車市場の2%を占めるにすぎない)。

そこでGMが考えたのは、ガソリン車の一番人気モデルを電動化してリリースすることだ。

prime_hummerEV_interior

「ハマーEV」のインテリアビュー。

Screenshot of GMC brand website

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み