BUSINESS INSIDER JAPAN ビジネス インサイダー ジャパン

Forward Thinker

Sponsored by

Forward Thinker

Forward Thinker

[ BUSINESS INSIDER JAPAN Special Feature ]

Forward Thinker

7歳で地図に目覚めた“地理人”が教える「他者理解の秘訣」

Sponsored

無限大

架空の都市の精密な地図を作り続ける、空想地図作家・今和泉隆行氏。4〜5歳で地図に興味を持ち、7歳の頃に地図を書き始め、小学5年生に中村くんという友だちとの出会いをきっかけに生まれた空想都市「中村市(なごむるし)」の空想地図はその後30年近くアップデートを続けている。さらに近年は架空のコンビニロゴや路線バスのデザインに加え、架空の住人の落としものまで制作するなど、空想の幅は広がっている。

そんな今和泉氏は空想地図をつくることは「あらゆる他者になりきる」ことだと言う。地図を作りながらその土地に住んだつもりになって気持ちを理解する「分からないもの」を分かろうとするという姿勢は、他者理解、多様性理解へと結びつくのではないだろうか。 空想地図をつくること、その住人になりきること、そしてそれらを通したコミュニケーションについて話を聞いた。

今和泉 隆行(いまいずみ・たかゆき):空想地図作家/株式会社地理人研究所 代表。1985年生まれ。幼少期に地図に興味を持ち、7歳から空想地図の制作を開始。以来、現在に至るまで空想地図を描き続け、空想地図作家として知られている。また、株式会社地理人研究所を設立し、地図についての啓蒙や地図を活用した情報発信を行っている。

Related articles