BI Daily Newsletter

ジュリア・ロバーツがこれまでに出演した49作品ランキング

ジュリア・ロバーツ

ジュリア・ロバーツは数多くの映画に出演してきた。

Touchstone Pictures/TriStar Pictures/Amazon

ラブコメ、ドラマ、犯罪スリラー、ファンタジー…… ジュリア・ロバーツはこれまでさまざまなジャンルの作品に出演し、素晴らしいキャリアを築いてきた。

ただ、全ての作品が大ヒットしたわけではない。

映画評論サイト「ロッテン・トマト(Rotten Tomatoes)」の批評家による評価をもとに、ジュリア・ロバーツが出演した49作品のランキングを見ていこう。

※スコアは執筆時点のもので、変わる可能性があります。批評家スコアの付いていないドキュメンタリーや映画作品はこのランキングには含まれていません。


ジュリア・ロバーツが出演した作品の中で、批評家の評価が最も低かったのは『ラブ・ウェディング・マリッジ』(2011年)だ。

『ラブ・ウェディング・マリッジ』

『ラブ・ウェディング・マリッジ』より。この作品で、ジュリア・ロバーツは主人公のセラピストの声を担当した。

Chydzik Media Group

批評家スコア:0%


『マザーズ・デイ』(2016年)には、アンサンブル・キャストの1人として出演。

『マザーズ・デイ』

『マザーズ・デイ』より。ジェニファー・アニストン(右)と。

Open Road Films

批評家スコア:8%


同じくマーシャル監督が手掛けた『バレンタインデー』(2010年)にも出演している。

『バレンタインデー』

『バレンタインデー』より。ブラッドリー・クーパー(左)と。

Warner Bros Pictures

批評家スコア:18%


『愛がこわれるとき』(1991年)では主役を演じた。

『愛がこわれるとき』

『愛がこわれるとき』より。

Twentieth Century Fox

批評家スコア:20%


『ホーキーのおくりもの』(2002年)にも出演している。

『ホーキーのおくりもの』

『ホーキーのおくりもの』より。

Blue Sky Media

批評家スコア:20%


『しあわせの帰る場所』(2008年)では、パワフルな母を演じた。

『しあわせの帰る場所』

『しあわせの帰る場所』より。

Maple Pictures

批評家スコア:22%


『アイ・ラブ・トラブル』(1994年)ではニック・ノルティと共演。

『アイ・ラブ・トラブル』

『アイ・ラブ・トラブル』より。

Touchstone Pictures/Getty Images

批評家スコア:22%


『愛の選択』(1991年)では患者と恋に落ちる介護人を演じた。

『愛の選択』

『愛の選択』より。

Twentieth Century Fox

批評家スコア:23%


『プレタポルテ』(1994年)では、ティム・ロビンスとともにファッション・ジャーナリストを演じた。

『プレタポルテ』

『プレタポルテ』より。

Miramax

批評家スコア:24%


ホラー映画『ジキル&ハイド』(1996年)では主演を務めた。

『ジキル&ハイド』

『ジキル&ハイド』より。

Ronald Siemoneit/Sygma/Sygma via Getty Images

批評家スコア:26%


『フック』(1991年)では、ピンク色のティンカーベルを演じた。

『フック』

『フック』より。

Amblin Entertainment

批評家スコア:29%


『アメリカン・スウィートハート』(2001年)では、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ演じる映画スター"グウェン"の妹で付き人の"キキ"を演じた。

『アメリカン・スウィートハート』

『アメリカン・スウィートハート』より。

Revolution Studios

批評家スコア:32%


『モナリザ・スマイル』(2003年)では美術教師の役で主演した。

『モナリザ・スマイル』

『モナリザ・スマイル』より。

‎Columbia Pictures

批評家スコア:34%


『食べて、祈って、恋をして』(2010年)では、世界中を旅して回るライターのリズ・ギルバート役を演じた。

『食べて、祈って、恋をして』

『食べて、祈って、恋をして』より。

Columbia Pictures

批評家スコア:36%


『幸せの教室』(2011年)では、結婚生活がうまくいっていない、スピーチのクラスを受け持つ大学講師を演じた。

『幸せの教室』

『幸せの教室』より。

Vendome International

批評家スコア:37%


『愛に迷った時』(1995年)では、夫に浮気された妻を演じた。

『愛に迷った時』

『愛に迷った時』より。

Hawn / Sylbert Movie Company

批評家スコア:39%


『シークレット・アイズ』(2015年)では捜査官を演じた。

『シークレット・アイズ』

『シークレット・アイズ』より。

Karen Ballard/STX Productions

批評家スコア:39%


『フル・フロンタル』(2002年)では、ブレア・アンダーウッドやブラッド・ピットらと共演。

『フル・フロンタル』

『フル・フロンタル』より。

Miramax

批評家スコア:39%


『スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険』(2017年)では、スマーフ・ウィローの声を担当した。

『スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険』

『スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険』より。

Sony Pictures

批評家スコア:40%


『サティスファクション』(1988年)ではダリル役を演じた。

『サティスファクション』

『サティスファクション』より。

Twentieth Century Fox

批評家スコア:40%


『グッドナイト・ムーン』(1998年)では、エド・ハリス演じる"ルーク"のガールフレンド役を演じている。

『グッドナイト・ムーン』

『グッドナイト・ムーン』より。スーザン・サランドン(左)と。

Handout / Hulton Archives / Getty Images

批評家スコア:45%


コメディー映画『プリティ・ブライド』(1999年)では、マーシャル監督やリチャード・ギアと再結集。

『プリティ・ブライド』

『プリティ・ブライド』より。

Paramount Pictures

批評家スコア:46%


『フラットライナーズ』(1990年)では、死後の世界に興味を持つ医大生を演じた。

『フラットライナーズ』

『フラットライナーズ』より。

Columbia Pictures

批評家スコア:48%


『白雪姫と鏡の女王』(2012年)では邪悪な女王を演じた。

『白雪姫と鏡の女王』

『白雪姫と鏡の女王』より。

Relativity

批評家スコア:50%


ジョン・グリシャムの同名小説をもとにしたリーガル・サスペンス『ペリカン文書』(1993年)では、非常に優秀な学生を演じた。

『ペリカン文書』

『ペリカン文書』より。

Warner Bros.

批評家スコア:53%


コメディー映画『ザ・メキシカン』(2001年)では、ブラッド・ピットやジェームズ・ガンドルフィーニらと共演。

『ザ・メキシカン』

『ザ・メキシカン』より。ブラッド・ピット(左)と。

Merrick Morton/Dreamworks/Newsmakers/Getty Images

批評家スコア:54%


ジュリア・ロバーツは『オーシャンズ11』の続編、『オーシャンズ12』でテス・オーシャン役を再び演じた。

『オーシャンズ12』

『オーシャンズ12』より。ジョージ・クルーニー(右)とは多くの映画で共演している。

Warner Bros.

批評家スコア:55%


アクションスリラー『陰謀のセオリー』(1997年)では主演を務めた。

『陰謀のセオリー』

『陰謀のセオリー』より。

Getty Images / Handout

批評家スコア:57%


サスペンス映画『マネーモンスター』(2016年)にも出演。

『マネーモンスター』

『マネーモンスター』より。

CTMG Inc.

批評家スコア:59%


『アントブリー』(2006年)では、"ホーバ"という名前のアリの看護師の声を担当。

『アントブリー』

『アントブリー』より。

Warner Bros

批評家スコア:62%


ロバーツは『プリティ・ウーマン』(1990年)のビビアン・ワード役でよく知られている。

『プリティ・ウーマン』

『プリティ・ウーマン』より。リチャード・ギア(右)と。

Touchstone Pictures

批評家スコア:63%


『デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜』(2009年)では、CIAの元諜報員を演じた。

『デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜』

『デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜』より。

Universal Pictures

批評家スコア:66%


『8月の家族たち』(2013年)で演じたメリル・ストリープの娘役で、ロバーツはアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。

『8月の家族たち』

『8月の家族たち』より。

Alex Bailey / The Weinstein Company

批評家スコア:67%


ラブストーリー『クローサー』(2004年)にも出演。

『クローサー』

『クローサー』より。

Columbia Pictures

批評家スコア:68%


ロバーツがアカデミー賞に初めてノミネートされたのは、『マグノリアの花たち』(1989年)で演じた糖尿病を患う妊婦の役だった。

『マグノリアの花たち』

『マグノリアの花たち』より。

TriStar Pictures

批評家スコア:68%


『ベスト・フレンズ・ウェディング』(1997年)では主演を務めた。

『ベスト・フレンズ・ウェディング』

『ベスト・フレンズ・ウェディング』より。

TriStar Pictures

批評家スコア:73%


『ミスティック・ピザ』(1988年)では反抗的な10代の若者"デイジー"を演じた。

『ミスティック・ピザ』

『ミスティック・ピザ』より。

IMDB

批評家スコア:75%


アイルランドの独立運動家の生涯を描いた『マイケル・コリンズ』(1996年)にも出演している。

『マイケル・コリンズ』

『マイケル・コリンズ』より。

Warner Bros.

批評家スコア:77%


『シャーロットのおくりもの』(2006年)では、クモのシャーロットの声を担当。

『シャーロットのおくりもの』

『シャーロットのおくりもの』より。

Paramount Pictures

批評家スコア:78%


ミュージカル・コメディー『世界中がアイ・ラヴ・ユー』(1996年)では、ゴールディ・ホーンやドリュー・バリモア、エドワード・ノートン、ルーカス・ハースらと共演した。

『世界中がアイ・ラヴ・ユー』

『世界中がアイ・ラヴ・ユー』より。

Miramax

批評家スコア:79%


『コンフェッション』(2002年)ではミステリアスなCIAの工作員を演じた。

『コンフェッション』

『コンフェッション』より。

Miramax

批評家スコア:79%


『ベン・イズ・バック』(2018年)では、薬物依存症の10代の息子をなんとかして助けようとする母親を演じた。

『ベン・イズ・バック』

『ベン・イズ・バック』より。

BBP West BIB, LLC

批評家スコア:81%


『オーシャンズ11』(2001年)では、ジョージ・クルーニー演じる"ダニー・オーシャン"のエレガントな元妻"テス・オーシャン"を演じた。

『オーシャンズ11』

『オーシャンズ11』より。

Warner Bros.

批評家スコア:82%


ゴールデングローブ賞にノミネートされた『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(2007年)では、トム・ハンクスと共演。

『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』

『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』より。

Universal Pictures

批評家スコア:82%


ロバーツが演じた、人々の記憶に最も残る役の1つが『ノッティングヒルの恋人』(1999年)のアメリカ人女優"アナ・スコット"だ。

『ノッティングヒルの恋人』

『ノッティングヒルの恋人』より。

Universal Pictures

批評家スコア:83%


『エリン・ブロコビッチ』(2000年)で演じた主人公エリン・ブロコビッチ役で、ロバーツはアカデミー賞主演女優賞を受賞した。

『エリン・ブロコビッチ』

『エリン・ブロコビッチ』より。

Universal

批評家スコア:84%


『ワンダー 君は太陽』(2017年)でも主演を務めた。

『ワンダー 君は太陽』

『ワンダー 君は太陽』より。

Dale Robinette/Lionsage

批評家スコア:85%


『ノーマル・ハート』(2014年)では1980年代、HIV/AIDSが流行していた頃の医師を演じた。

『ノーマル・ハート』

『ノーマル・ハート』より。

HBO Films

批評家スコア:94%


風刺コメディー『ザ・プレイヤー』(1992年)には本人役で登場。

『ザ・プレイヤー』

『ザ・プレイヤー』より。

Fine Line Features

批評家スコア:98%

[原文:Every single Julia Roberts movie, ranked

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み