アップルが「Appleシリコン」搭載Macを発表へ…日本時間11月11日午前3時から

アップルが自社チップのMacBook発表へ

Apple

  • アップルは11月2日、特別イベントを11月10日(日本時間11日)に開催すると発表した。アナリストは、新しい自社チップ「Appleシリコン」を搭載した初のMac製品を発表すると予想している。
  • アップルは6月に自社チップを開発中と発表したが、製品の詳細は一切明らかにされていなかった。
  • 9月のApple Watchなど、10月のiPhone12に続き、2020年下半期で3回目の主要な製品発表イベントとなる。

アップル(Apple)は11月2日、ここ3カ月で3回目となる製品イベントの招待状を配布した。

招待状には「One More Thing」と記されており、これはハードウェアの製品イベントの最後に、最も期待されていた、とっておきの製品を発表する時の慣習だ。発表は11月10日、太平洋標準時の午前10時(日本時間11日午前3時)から行われる。

これは9月以来、アップルの3回目の製品発表イベントとなる。最初は新しいApple WatchとiPadを発表するイベントで、10月の2回目ではiPhoneの新シリーズと新しいHomePodが発表された。今回のイベントでは、アップルの新チップと最新のMacシリーズが登場すると見られている

アップルは6月のWWDCで、インテル製に代わって自社のチップ「Appleシリコン」をMacに搭載すると発表した。同社は、Appleシリコンを搭載した初のMacは2020年末の発表になると述べていたが、それ以外の詳細は明らかにしていなかった。

アップル製品の正確な発売情報を頻繁に報じている、ブルームバーグ(Bloomberg)のマーク・ガーマン(Mark Gurman)記者は以前、Appleシリコンを搭載した初のMacBookは11月に発表されると述べていた

この移行はアップルにとって重要なもので、インテルの製品開発スケジュールに左右されることなく、Macの開発をコントロールできるようになる。すでにアップルはiPhoneやiPad、Apple Watchなどの主要製品にカスタムプロセッサを搭載しており、Macも同様にすることで、全製品にわたる一貫性を維持できるようになる。

「我々は、将来的に、すばらしいいくつかの新製品が思い描いている」と、アップルのティム・クックCEOは6月のWWDCで述べた。

「そして、 Appleシリコンへの移行は、我々が製品に命を吹き込めるようになるということだ」

また、すべての製品が共通アーキテクチャになることで、例えば、iPhoneアプリがMacでネイティブに動作するようになり、Macで使用できるアプリケーションが大幅に増えることになる。

アップルは移行に2年かかるとみているが、インテル製チップ搭載のMacのサポートも引き続き行うと述べている。

アップルの自社チップを搭載した新しいMacは、同社が開発中の新製品の1つにすぎないと、ブルームバーグや9to5Mac、MacRumorsは報じている。アップルは、同社初のオーバーイヤー型ヘッドホンや、 iPhoneで紛失物を探せる「AirTags」、より高性能なApple TVも開発していると言われている。


[原文:Apple is holding another big event next week where it could unveil the first MacBook powered by its new chip

(翻訳:Makiko Sato)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

Surface Laptop Go

テレワーク向け10万円級ノートPC「Surface Laptop Go」実機レビュー

  • 中山智 [テクニカルライター]
  • Jun. 14, 2021, 06:50 AM

Insider Picks

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み