BI Daily Newsletter

ヴァージン・グループの創業者リチャード・ブランソンを育んだ邸宅が売出し中

リチャード・ブランソンが住んだ家

United Kingdom Sotheby's International Realty

  • およそ45億ドル(約4650億円)の資産を有する大物実業家、サー・リチャード・ブランソン(70歳)は、イングランドの静かな村シャムリー・グリーンにある赤レンガの邸宅で、最初のベンチャー事業を思いついた。
  • ロンドンの南西30マイル(約48キロ)にあるこの邸宅が、520万ドル(約5億3700万円)で売りに出されている。
  • ベッドルーム4つ、バスルーム3つを備え、ブランソンが自伝の中で「いくつもの納屋や小屋、それに広い土地と、増築を重ねた建物」と記したこの邸宅の中を覗いてみよう。
  • この邸宅タンヤード・ファームが建つ1.4エーカー(約5670平方メートル)の土地は、ブランソンがクリスマスツリー栽培という初めてのビジネスを手がけた場所だ。

サー・リチャード・ブランソンの初めてのベンチャー事業は、ウサギに食べられて終わった。

ヴァージン・グループの創設者として知られるブランソンは、イングランドのカントリーサイドにある赤レンガの家に暮らしていたころ、裏庭にクリスマスツリーを植えた。まだ10代のときだ。それを売って儲けようとしたが、ウサギが苗木を食べて、売り物を台無しにしてしまった。

次にブランソンは、レコードの通信販売に乗り出した。ところが1971年、21歳のとき、レコード販売で脱税を企てて逮捕されてしまった。その際、ブランソンの母親が、彼の保釈金を支払うために担保に入れたのが、やはりこの赤レンガの邸宅だった。

しかしこうした失敗も、ブランソンにはかえってビジネスを学ぶ機会になった。

1年後の1972年、ブランソンは通信販売事業を発展させてヴァージン・レコードを創設した。ヴァージンとは、ブランソンと仲間たちがビジネスの世界で未経験者だからとの発想でつけられた名前だ。

最初の大ヒットは1973年。マイク・オールドフィールドのアルバム『チューブラー・ベルズ』だった。そこから同社は、セックス・ピストルズ、フィル・コリンズ、ザ・ローリング・ストーンズとの契約を獲得した。

そして現在、ヴァージン・グループは、航空会社、ホテル、民間宇宙飛行会社などを擁する一大帝国となった。フォーブスによると、ブランソンの純資産額は推定45億ドル(約4650億円)に上る。

ビリオネアの誕生に重要な役割を果たした赤レンガの邸宅は現在、売りに出されている。価格は520万ドル(約5億3700万円)だ。

タンヤード・ファームと呼ばれる1.4エーカー(約5670平方メートル)のこの地所は、ロンドンの南西30マイル(約48キロ)に位置するシャムリー・グリーンという村にある。販売はイギリス・サザビーズ・インターナショナル・リアルティ。

ブランソンが初めての事業計画を思いついた場所である邸宅の中を覗いてみよう。


ビリオネアのリチャード・ブランソンが育った家、タンヤード・ファームが売りに出されている

邸宅は、電動の門扉と長いアプローチを備えている。

邸宅は、電動の門扉と長いアプローチを備えている。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: United Kingdom Sotheby's International Realty


マナーハウス様式の邸宅は、ロンドンの南西およそ1時間の距離にある

上空から見たタンヤード・ファーム。

上空から見たタンヤード・ファーム。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source:United Kingdom Sotheby's International Realty


高級不動産情報サイト「マンション・グローバル(Mansion Global)」によると、ブランソンの両親は1963年に、ある子爵夫人からこの邸宅を購入した

上空から見たタンヤード・ファーム。

上空から見たタンヤード・ファーム。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source:Mansion Global


ブランソンは現在、カリブ海に浮かぶイギリス領ヴァージン諸島のネッカー島を所有し、そこに居住しているが、彼の育った家はキャリア初期に重要な役割を果たした

屋敷の正面。

屋敷の正面。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source:Business Insider


サリー州にある静かな村シャムリー・グリーンで、まだティーンエージャーだったブランソンは最初の事業計画を考えた

裏庭。

裏庭。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: "Losing My Virginity,"Daily Mail


ブランソンは、のちにヴァージン・グループの共同創設者となるニック・パウエル(Nik Powell)とともに、5ポンド(現在の価値で6.50ドル[約680円])で仕入れたクリスマスツリーの苗木を、家の周囲におよそ400本植えた。1本につき2ポンドの利益を得る計画だった

庭には温室もある。

庭には温室もある。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: "Losing My Virginity,"Daily Mail


ところが、苗木は植えてすぐウサギに食べられてしまった。計画した儲けは得られなかったが、これが大物実業家の記念すべき最初の事業となった

広々とした敷地。ここにおそらくクリスマスツリーの苗木が植えられた。

広々とした敷地。ここにおそらくクリスマスツリーの苗木が植えられた。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: "Losing My Virginity,"Daily Mail


ブランソンが1998年に発表した自伝『ヴァージン 僕は世界を変えていく』(邦訳:CCCメディアハウス)には、クリスマスツリーの販売計画を含めた同氏の初期ビジネスが失敗に終わった舞台としてタンヤード・ファームが登場する

ダイニングルーム。10人は楽に座れる。

ダイニングルーム。10人は楽に座れる。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: "Losing My Virginity"


ブランソンは、自伝の中でこの家を「いくつもの納屋や小屋、それに広い土地と、増築を重ねた建物」と記している。ブランソンは、レコード販売業を始めるために実家を離れ、その事業で初めての成功を収めた

家のほかの部分から独立した感じのリビング。

家のほかの部分から独立した感じのリビング。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: "Losing My Virginity,"Daily Mail


1971年、ブランソンはレコードの販売をめぐる脱税容疑で逮捕された。その時、母親がこの家を担保に入れて彼の保釈金を支払ってくれた

キッチン。

キッチン。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: Daily Mail, Slate


キャリア初期に生じた税務当局とのトラブルも、ブランソンにとっては一時のつまずきにすぎなかった。フォーブスによると、現在の純資産額は推定45億ドル(約4650億円)に上る

別の角度から見たキッチン。

別の角度から見たキッチン。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: Forbes


ブランソン家は、このタンヤード・ファームをすでに売却しており、今回は、現在の所有者が邸宅を520万ドル(約5億3700万円)で売りに出した

螺旋階段のある応接間。

螺旋階段のある応接間。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: United Kingdom Sotheby's International Realty


販売を担当するイギリス・サザビーズ・インターナショナル・リアルティのジェイソン・コーベット(Jason Corbett)は、この家を「歴史に恵まれ、個性と温かい魅力にあふれた」邸宅だとコメントしている

4つあるベッドルームのひとつ。

4つあるベッドルームのひとつ。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: United Kingdom Sotheby's International Realty


販売情報によると、タンヤード・ファームは1.4エーカー(約5670平方メートル)の敷地に建っており、4つのベッドルームと3つのバスルームを備えている

4つあるベッドルームのひとつ。

4つあるベッドルームのひとつ。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: United Kingdom Sotheby's International Realty


この邸宅は、ビリオネア誕生の過程を知るよりどころになるだけでなく、イギリスの典型的なカントリーサイドの暮らしを味わわせてくれる

3つあるバスルームのひとつ。

3つあるバスルームのひとつ。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: United Kingdom Sotheby's International Realty


販売情報によると、タンヤード・ファームの近くには、クリケット場がひとつとパブが2軒ある。キャリアの成功や新たなキャリアの船出を祝すのにふさわしい立地だ

上空から見たタンヤード・ファーム。

上空から見たタンヤード・ファーム。

United Kingdom Sotheby's International Realty

Source: United Kingdom Sotheby's International Realty

[原文:The English manor where billionaire Richard Branson grew up just hit the market for $5 million — take a look inside

(翻訳:高橋朋子/ガリレオ、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み