BI Daily Newsletter

【米大統領選】激戦のフロリダ、アイオワ、オハイオ、テキサスで「トランプ勝利」か? 戦いはまだまだ終わらない[更新]

開票速報

Business Insider

  • 2020年のアメリカ大統領選はかなりの接戦となっていて、トランプ大統領と民主党のジョー・バイデン候補のどちらかが明らかにリードしているとは言えない状況だ。
  • Decision Desk HQは、激戦州のフロリダ州、アイオワ州、オハイオ州、テキサス州でトランプ大統領が勝利するとの見込みを示している。
  • ただ、アリゾナ州やジョージア州、ミシガン州、ペンシルベニア州、ウィスコンシン州といった激戦州ではまだ集計作業が続いている。

Decision Desk HQは、激戦州のフロリダ州29人、オハイオ州18人、テキサス州38人の選挙人をトランプ大統領が獲得するとの見込みを示している。

ただ、アリゾナ州やジョージア州、ノースカロライナ州、ミシガン州、ペンシルベニア州、ウィスコンシン州といったその他の激戦州では、どの候補が勝つか、まだ分からない状況だ。

こうした州の多くでまだ集計作業が続いていて、結果が出るのは現地時間4日の朝もしくは午後になる見込みだ。

大統領選は11月3日の一般投票を経て、選挙人による投票で最終的な結果が出る。

アメリカでは有権者が直接、大統領を選ぶわけではなく、それぞれの州が選挙人を選ぶ。選挙人は州選出の下院議員と上院議員の数の合計に等しい。大統領候補が選挙に勝つには、選挙人の過半数である270人以上の票を獲得しなければならない。メイン州とネブラスカ州を除く全ての州は、勝者総取り方式で選挙人票を割り当てる。 つまり、一般投票で最も多い票を集めた候補が、その州の選挙人票を全て獲得する。

なお、大統領選と同時に上院および下院の選挙も行われていて、その結果が今後のワシントンD.C.のパワーバランスを決めることになる。

[原文:LIVE RESULTS: Trump secured tight victories in four needed battleground states, but the presidential race is far from over

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み