BI Daily Newsletter

民主主義は制度疲労。デジタル変革を断行した中国に学ぶ「長期視点と強引さ」【入山章栄】

経営理論でイシューを語ろう

撮影:今村拓馬、イラスト:Singleline/Shutterstock

今週も、早稲田大学ビジネススクールの入山章栄先生が経営理論を思考の軸にしてイシューを語ります。参考にするのは先生の著書『世界標準の経営理論』。ただし、本連載はこの本がなくても、平易に読み通せます。

今回は、11月3日に投開票が行われたアメリカ大統領選の話題を入り口に、入山先生が民主主義について考察します。「民主主義は制度疲労を起こしている」と切り込む先生、その真意とは?


民主主義は制度疲労を起こしている?

こんにちは、入山章栄です。

皆さんがこの記事を読むのは、アメリカ大統領選の結果が出た頃でしょうか。編集部の常盤亜由子さんも、結果が気になるようです。

常盤さんの声

選挙前、注目ポイントはいろいろありましたが、僕が個人的に関心を持っていたのは大統領選そのものというよりも、民主主義の行方です。

ご存じのようにアメリカの大統領選は、投票資格を持つ国民1人ひとりが大統領選挙人と呼ばれる人を選び、その選挙人が一国の指導者を選ぶ仕組みです。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み