BI Daily Newsletter

「中立でいたい」若者たちが支える自民党政権【政治学者・佐藤信】

佐藤信

撮影:今村拓馬

Business Insider Japanの読者であるミレニアル世代、特に20代にとって、政権と言えば、安倍政権という印象を持つ人たちは少なくない。長期政権が、この世代にどんな影響を及ぼしたのかを探る最終回。

今回は政治学者で、東京都立大学准教授である佐藤信さん(32)。佐藤さんは今の日本の政治と若者との関係をどう捉えているのだろうか。


7年8カ月の安倍長期政権を考える時に重要なのは、その前提に社会の変容があったということです。長期政権が私たちの生活を変えた側面より、私たちの生活の変化のうえに長期政権が実現したという面が大きいのです。特にその変化の影響が最も大きかったのが若者です。

「悪夢のような」という物語つくった安倍政権

1-5

撮影:今村拓馬

なかでも大きな変化は、インターネットの普及と浸透です。とりわけスマホの普及によって、ただネットが利用できるだけではなく、ネットの情報が身近なものになりました。特にデジタルネイティブといわれる世代の若者は何でもすぐにスマホで調べる。いまの大学生は授業を選択する際も教授や講義の名前をネットで検索して評判を見ることが当たり前になっています。

近年、SNSなどで情報収集していると、無意識のうちに価値観が近い者同士が集まり、特定の傾向の情報ばかりが集まってしまう、いわゆる「エコーチェンバー」の問題が指摘されています。

つまり人によって得ている情報や見えている事実が違う。こういう状況では、最初にどんな「物語」を信じるかが重要になります。特定の物語を信じれば、たとえそれが陰謀論のようなものでも、調べればそれを強化する情報はいくらでも出てきますし、調べなくてもそうした情報が集まりやすくなります。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み