BI Daily Newsletter

起業家がVCに尋ねるべき12の質問とは? 3社創業の現VCが明かす、本気で支援してくれる投資家の見分け方

ファウンダー・コレクティブのミカ・ローゼンブルーム

ミカ・ローゼンブルーム

提供:ファウンダー・コレクティブ

  • スタートアップ3社を創業し、現在はベンチャーキャピタル(VC)として活躍するミカ・ローゼンブルームが、VCから出資を受ける前に起業家が尋ねるべき12の重要な質問を明かしている。
  • 真っ先に尋ねるべきは「資金調達ラウンドのリードインベスターになる意志があるか」だ。資金調達に失敗する理由の多くは、起業家がリードインベスターを見つけられないことにあるとローゼンブルームは言う。
  • スタートアップの成功を本気で支援してくれるVCを見つけるためには、その意志を確かめるべく徹底的に質問する必要がある。では、会社の命運がかかった残る11の質問とは?

起業家はたいてい、ベンチャーキャピタル(VC)の中でも大手の投資家に支援してもらいたがる。大手VCから資金を調達すれば、他のスタートアップとの差別化が図れ、他の投資家からも注目を得やすくなるからだ。

しかし起業家は、望むVCから「イエス」の返事を引き出すことに夢中になるあまり、自社の命運がかかった肝心の質問をしないことが多い。これは、アーリーステージに投資するVC、ファウンダー・コレクティブのマネージング・パートナーであるミカ・ローゼンブルームの見解だ。ファウンダー・コレクティブといえば、ウーバー(Uber)やエアテーブル(Airtable)をはじめ、数百のスタートアップを支援してきたVCとして知られる。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み