BI Daily Newsletter

東京など関東の空を賑わす雲。ひつじ雲やナミナミとした波状雲

tenk1

2020/11/06 07:07 ウェザーニュース

提供:ウェザーニュース

今日6日(金)朝は、東京など関東周辺では「ひつじ雲」やナミナミとした「波状雲」が見られています。

早朝は、ポコポコとした雲が浮いているというよりは、タイルを敷き詰めたようにびっしりと並んでいるようにも見えたところが多くなりました。>>各地で見られた雲の写真

tenki2

提供:ウェザーニュース

雲のできる高さによって名前がついていて、今日見られている雲は高積雲(ひつじ雲)や、それよりも空の低いところにできる層積雲とみられます。

よく、ひつじ雲と一緒に見られる雲に「うろこ雲」と呼ばれるものがありますが、今日は空高いところに広がるうろこ雲(巻積雲)はあまり見られていません。

指を使えば簡単に見分けられる!?

tenki3

提供:ウェザーニュース

発生する高さが違いということは、地上にいる私たちからの距離も異なってきます。そのため、見かけの大きさでも判断することが可能と言われています。

手を伸ばして、小指または人差し指を1本立てます。雲の塊が小指に隠れた場合は、上空の高いところにできる巻積雲(=うろこ雲)の可能性が高くなります。一方、雲の塊が人差し指からもはみ出してしまうようであれば、高積雲(=ひつじ雲)ということになります。

今日は穏やかな空が続く

ひつじ雲が見られた後は、天気が下り坂に向かうとよく言われています。ただ、今日このあとは関東地方で雨が降ることはない見込みです。

雲のすき間から日差しが届いたり、太陽が雲に隠されたりの一日となります。

この時期は日が陰ると肌寒く感じられるので、今日は調節しやすい服装がおすすめです。

>>今いるところの天気・気温

(文・ウェザーニュース

"ウェザーニュース"より転載(2020年11月2日公開の記事

ウェザーニュースは、株式会社ウェザーニュースが運営する天気専門メディアです。ウェザーニュースアプリでは、高精度な天気予報をはじめ、天気や季節に関する多彩なコンテンツを配信中。

※ウェザーニュース提供の記事に関する注意事項は、転載元ページの「ご利用に際して」をご確認ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み