BI Daily Newsletter

フィンランド、テック人材向け「移住促進パッケージ」提供開始。住居、オフィス、託児所…すべて無償提供

prime_helsinki

成長著しいテクノロジーエコシステムでも知られるフィンランドの首都ヘルシンキ。成長を加速させる人材獲得に動き出した。

Shutterstock.com

  • フィンランド政府は首都ヘルシンキ滞在中の全費用を負担することでシリコンバレーのテック人材を誘致する新たな取り組みを始めた。
  • 「アメリカ西海岸のトップ人材」がターゲットで、選考ではアメリカ人が優先されるという。
  • 選考を通過した人はヘルシンキに移り、現在の仕事をリモートワークで継続することになる。本人とその家族は、滞在中の住居費、授業料、コワーキングスペースの使用料などを免除される。

フィンランド政府がアメリカのテックワーカー獲得に乗り出した。3カ月の「リロケーション(移住)パッケージ」を無償提供し、将来フィンランドで働いてくれそうな人材とその家族を首都ヘルシンキに呼び込む。

フィンランド首都圏の国際貿易・投資プロモーション機関「ヘルシンキ・ビジネスハブ」が90日間のリロケーションパッケージを通じて、「住宅、託児所、学校……必要なすべてのサービス」を提供するという。

ほかにも、フィンランドサウナのような体験型ツアーを無料で楽しめるなどの特典もあるが、渡航費用は本人負担となる。

ヘルシンキは世界の都市を対象とした幸福度、ワークライフバランス、環境政策、テクノロジーエコシステムの成長度などのランキングでは常に上位にいる。テクノロジー関係者にとっては、毎年冬に開催される世界最大級のスタートアップイベント「Slush(スラッシュ)」がよく知られるところだ。

ヘルシンキ・ビジネスハブの公式ウェブサイトによれば、リロケーションパッケージのターゲットは「アメリカ西海岸のトップ人材」で、選考ではアメリカ人が優先される。選ばれた人は現在の勤務先をやめる必要はなく、ヘルシンキに移ってリモートワークで仕事を続けられる。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

BI PRIMEメンバーになる
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み