BI Daily Newsletter

iPhone 12 miniを1週間使って実感した「心地いいサイズ」と「気になるバッテリー性能」【レビュー】

iPhone 12 miniを片手で持つ

本体横幅64.2mm、5.4インチのディスプレイを持つ「iPhone 12 mini」が11月13日に発売となる。

撮影:石川温

11月13日に発売となる「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」を1週間弱、試用している。特に満足度が高いのが、コンパクトなボディーで注目のiPhone 12 miniだ。

iPhone 12 miniは5.4インチというサイズが、小さいもの好きの日本市場にマッチしているような気がしてならない。

実際にiPhone 12 miniを持ち歩いているが、このコンパクトさはどこか懐かしい雰囲気を醸し出しており、愛着が湧いてくる。iPhoneに対して「かわいい」という感情さえ芽生えてくる。

キャッシュレスから登園打刻まで、miniならちょうどいい

iPhone 12 mini 5G

世界で最も小さい5Gスマホと謳うiPhone 12 mini。

出典:アップル

日々の生活において、さまざまな場面でスマホを取り出すことが増えている。

コンビニやスーパーでの買い物はQRコード決済だし、電車やバスはSuicaやPASMOで支払っている。近所のクリーニング店や肉まん屋さんもスマホ決済に対応している。

うちの4歳児が通っている保育園では、登園時にはスマホの画面にスタンプを押すことで登園時刻を記録するようになっている。

そのため、朝、子供を連れていく際にはスマホは必携。登園時刻を記録した後、吉野家で朝定食を食べ、スマホ決済で支払い、吉野家の前でスターバックスアプリからモバイルオーダーを発注し、スターバックスに着く頃には、スターバックスラテができあがっているという流れだ。

iPhone 12とiPhone 12 mini

iPhone miniは日常利用にピッタリの小型スマホだ(写真右がiPhone 12 mini)。

出典:アップル

手ぶらで近所に出かける際、iPhone 12 miniであれば、ズボンの後ろポケットにヒョイと入れておけるサイズ感がいい。子供を乗せて自転車をこいでも問題ない。6.1インチの「iPhone 12」でも、後ろのポケットだと落ちそうで不安になってくるのだ。

時々、スーツをきて仕事をすることがあるが、iPhone 12 miniならばワイシャツの胸ポケットに入れても違和感がない。

これまでは6.5インチの「iPhone 11 Pro Max」をメイン端末として使ってきたのだが、5.4インチのiPhone 12 miniに乗り換えても意外と画面の小ささは気にならなかった。

解像度がiPhone 11 Pro Maxは2688×1242ドット、iPhone 12 miniは2340×1080ドットではあるが、メール閲覧やSNS、動画の視聴も特に不満は感じない。

「第2世代iPhone SE」の強力なライバル

ip3

写真左からiPhone SE(第2世代)、iPhone 12 mini。

撮影:石川温

「iPhoneは小さい方がいい」という人たちに、これまでiPhone SEは根強い人気があった。2020年3月に発売された「iPhone SE(第2世代)」は、4万9280円(直販価格、税込)から購入できるとあって、飛ぶように売れているようだ。

iPhone 12 miniはiPhone SE(第2世代)の強力なライバルになることだろう。

iPhone 12 miniの直販価格は8万2280円(税込)からとやや高めだ。5Gが使えて、画面サイズも5.4インチとiPhone SEの4.7インチに比べて大きい。しかも、サイズ感でいえば、iPhone 12 miniの方が小さい。

比較正面

写真左からiPhone SE(第2世代)、iPhone 12 mini。miniの方が画面は大きいが本体は小さい。

撮影:石川温

5Gエリアがこれから飛躍的に広がること、さらにこれからは5Gスマホが主力して売られていくことを考えると、いま5Gデビューしてもいいように思える。となると、数年前のデザインテイストを引きずるiPhone SE(第2世代)よりも、iPhone 12 miniの方が良いのではないか。

マスク生活が日常となり、iPhone 12 miniには顔認証のわずらわしさがある一方、iPhone SE(第2世代)は指紋でロックを解除できるという利点は確かにある。

ただ、お財布に余裕があり、「小さいiPhoneがいい」という人はiPhone 12 miniをオススメしたい。

バッテリーの大きな違いはないが、やや心許ない?

iPhone 12 バッテリー

iPhone 12 mini、12、12 Pro Maxのバッテリースペック(12 Proのバッテリースペックは12と同等)。

出典:アップル

ただし、1つ気になるのがバッテリー持ちだ。

やはり、本体サイズが小さいせいか、朝から使っていると、バッテリーの消耗が早いようで、午後ぐらいから「1日もつかな」と心配になってくる。

実際、ウェブ閲覧やメール、SNSなど仕事でもアクティブに使っており、さらに支払いなどでも頻繁にアプリを立ち上げているため、大画面のiPhoneと比べると、やや心許ない感じがしている。

iPhone 12 miniとiPhone 12で、同じ3時間程度のYouTube動画を、最大輝度で再生してみたが、iPhone 12 miniが充電100%から70%、減ったのに対して、iPhone 12は72%とあまり違いは見られなかった。

日中、iPhoneを積極的に使う人は、自宅だけでなく、仕事場でも充電できるようにするなど、昼間でもこまめに充電できる環境を整えておくなどしておく必要がありそうだ。

バッテリーの不安さえ解消してしまえば、iPhone 12 miniは多くの人が満足できる1台と言えそうだ。

(文、撮影・石川温


石川温:スマホジャーナリスト。携帯電話を中心に国内外のモバイル業界を取材し、一般誌や専門誌、女性誌などで幅広く執筆。ラジオNIKKEIで毎週木曜22時からの番組「スマホNo.1メディア」に出演。近著に「未来IT図解 これからの5Gビジネス」(MdN)がある。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み