BI Daily Newsletter

「日本の医療はいずれ破綻する」。危機感と葛藤抱え続けた研修医時代【メドレー・豊田剛一郎2】

豊田剛一郎 ミライノツクリテ

「代表取締役医師」という、一風変わった肩書きから察しがつくように、メドレーの顔、豊田剛一郎(36)のキャリアは、医師がスタートラインだ。

父親は、旧大蔵省の大臣官房企画官を務めた後、衆議院議員を2期務めた豊田潤多郎。祖父は宮崎県の病院の創立者で、豊田が生まれる前に他界している。祖母が病院の理事長を引き継いだ(現在は潤多郎が理事長に就任)。医師一家で、父親は官僚から代議士に転じた経験を持つが、2人の姉がいる末っ子の豊田には、必ずしも医師や政治家へ、というレールが敷かれていたわけではなかったという。

「親からも、『医学部に行け』とは一切言われたことはなかった。

父親の選挙区は京都でしたが、政治家の仕事を東京の家には持ち帰らなかった。テレビの選挙特番を観た記憶は残っていますが、政治との接点はそのくらいでした。私の今に通じるのは、『日本のため』といった世の中の課題を大きく捉える視点ですね。父親の背中をみて、なんとなく刷り込みがあったのかもしれないなと、まあ、後付けで思うところはあります」(豊田)

病院の「住人」だった研修医時代

外科時代

外科医時代の豊田さん。当時の激務エピソードは尽きない。

提供:メドレー

医療への道は、脳への興味が入り口になった。高3のとき、受験勉強のかたわらで『海馬』(池谷裕二、糸井重里著)を読んで、脳の世界に魅了された。この時は、医療そのものというより、生理学的な興味が勝っていた。

通っていた開成高校では医学部を受験する人も多く、

「絶対に医者になるという決定打はなかったけれど、どうせ目指すなら一番難しいところを狙って頑張ってみようという感じでした」

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み