BI Daily Newsletter

新型MacBook AirとPro、「アップル独自“M1"チップ」7つの事実…価格だけじゃない“違い“を探る

M1_mac2

M1チップ搭載の新型Mac。上がMacBook Pro、下がMacBook Air。性能差がどこで生まれるのかを深掘りした。

出典:アップル

11月11日早朝に、Mac用Appleシリコンこと「M1」を使った「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」が発表された。

インテルのCPUから脱却し、自社半導体への移行を進めるアップルの戦略製品だが、M1版Macはまったく新しい存在だけに、アップルの発表会の映像を見ても、Webで公開されるカタログを見ても、よくわからないことが多い。

そこにはどのような秘密があるのか? 取材を通して、発表会では見えなかった「7つの深掘り」をお伝えしよう。

1. チップ自体の性能差はほぼなし、しかし高負荷処理でAirとProの差が出る理由

M1_MBP

チップの中身はほぼ同じ(Airの最廉価モデルのグラフィック処理が1コア少ないのみ)。ただし、冷却機構の有無で、最大パフォーマンスが引き出せる時間が長いようだ。

出典:アップル

一般的にPCでは、製品のランクによって使うCPUの種類が異なる。クロック周波数が違うのはもちろんだが、仕様に含まれる細かな機能や、グラフィック機能の要であるGPUが異なることも多い。

そのため、これまでPCを選ぶ際には「CPUの型番が何なのか」を確認することが重要だった。

だがどうやら、アップルのMac向け独自半導体「M1」では、採用する3つのMacでは、全く同じ「M1」が使われているようだ。

これは、4機種ある「iPhone 12」シリーズで、結果的にほぼ同じ「A14 Bionic」が使われていたことに近い。

同じ半導体を量産して複数のモデルを作ってコスト効率を高めるのは、アップルの基本戦略だが、PCとしては「異例」ではある。

では、3つの製品に性能的な差は出ないのか? おそらく、シンプルな処理ならほとんど差はない、というのが取材から見えてきた状況だ。

ただし、「複数のCPU・GPUコアを使い」「高い負荷をかけ続ける」アプリでは、違いが出る可能性が高い。

MacBook Airは冷却ファンを持たない「ファンレス」設計だが、他の2機種はファン付き。ファン付きの2モデルは、Airより負荷の高い、ゲームや動画編集などのニーズが高いと判断されてのものではないだろうか。

2. Macの「M1」とiPhoneの「A14」は流用ではなかった。Macに特化した設計思想

mbp-1

13インチMacBook Proの特徴をまとめたグラフィック。

出典:アップル

アップルは、iPhoneやiPadで10年に渡ってオリジナルプロセッサー「Aシリーズ」を使ってきた。現在最新のものは、iPhone 12シリーズとiPad Air(第8世代)に使われている「A14 Bionic」だ。

アップルは自社製半導体を複数の製品で使う。そのため、AppleシリコンMacも「A14のバリエーションが使われるのでは」と予想されていた。

だが、どうやらM1は「完全にMacのために作られたプロセッサー」になるようだ。

CPUコアやGPUコアは、A14で使われている技術をベースにする。だが、次のような点が異なっている。

  • CPUコアの動作クロックはA14より高くなる
  • あわせてGPUの性能も向上
  • スマホ・タブレット向けでは不要だった「仮想化技術」にも対応
  • Thunderbolt 3/USB 4のインターフェースもM1に内蔵

つまり、本体内のチップ搭載点数をできるだけ減らし、「Macを作るために必要なもの」をM1に集積した構造になっている。

3. 実はiPadアプリが「iPadより高速に」動作する

iPad_app

M1と組み合わされる最新のmacOS、BigSurでは、iOS(iPad含む)のアプリが動作する仕組みが用意される。この点も、これまでのMacの活用の幅を広げるポイントの1つだ。

出典:アップル

もちろん、M1はA14と技術的共通点が多い。

そのため、macOS Big Surに加えられた改良と組み合わせることで、「iPhoneやiPad用のアプリをそのままMacでも使う」ことができる。

アップルはここでの互換性にかなり大きな自信を持っているようだ。もちろん、カメラやモーションセンサーなど、iPhone・iPadのみがもつ機能を使ったアプリは動作しないものの、そうでない場合にはほとんどが動作すると考えて良いと見られる。

ただし、「AppStoreでM1版Mac向けにもアプリが公開されている場合」には、という制約はつく。

興味深いのは、それらiOS向けアプリは、「世の中に存在する、どのiPhoneやiPadよりも高速に動作する」ということだ。

これは、M1はMacにパフォーマンスを合わせて開発されているので、A14よりCPU・GPUのパフォーマンスが高くなっているためだ。特にゲームには恩恵がある可能性がある。

4. 置き換えるのは「Macbook Proの下位モデル」

lineup

出典:アップルの公式サイトの画像をもとに編集部加工

高性能になったことからプロの利用も想定されるが、一方でメモリーが8GBもしくは16GBしか搭載されていないこと、Thunderbolt 3ポートが2つしかないこと(拡張性に限界がある)などから、プロに近いハイエンドユーザーからは不安・不満の声も聞こえる。

製品ラインナップ的には、MacBook Airは全てが置き換えられ、インテル版の販売が終了するものの、MacBook ProやMac miniではインテル版も併売される。

メモリーやインターフェースが多い製品を求める場合は、今は「まだ」インテル版を……ということのようだ。

5. 高性能コアは「世界最速のARMコア」、GPUは大幅性能強化

M1_chip

M1チップのイメージ。アーキテクチャーはARMだが、iPhoneのA14 Bionicよりさらに高速な構成になっている。

出典:アップル

すでに述べたように、M1ではA14に使われたCPUコア・GPUコアがさらに強化されている。

具体的には、CPUコアは性能を大きく左右する「高性能コア」の数が2から4に増えた。高性能コア自体、動作クロックが上がっているようだ。

現状のA14のCPUコアも他社のARM互換CPUコアに比べ高速なのだが、周辺情報から「A14よりも速い」と推定されるM1のARMコアは「現状世界最速のARMコア」と言って良いレベルだ。

また、CPUコアには高性能コアの他に、消費電力重視の「高効率コア」もある。関係者の情報では、こちらだけで現在のインテル版MacBook Airと同等の性能がある、とされている。

GPUについては、メモリーとGPUを接続するデータ転送速度も倍になり、GPUのコア数自体が4から8に増えてもいる。

6. 「互換」機能を使っても、一部ゲームはインテル版より高速に?

macmini

Mac miniの製品ページではゲーム用途の訴求もしている。基本的にM1そのものの性能は共通に近いため、特に空冷機構をもつMacBook Proでもほぼ同じパフォーマンスが得られると想像できる。

出典:アップル

従来のインテル版Mac向けに作られたソフトは、macOS Big Surが備える「Rosetta 2」というエミュレーション機能を使って、M1向けに変換され、動作する。この互換機能の出来にも、アップルは自信があるようだ。

通常、異なるCPUの間で同じソフトを動かすための「エミュレーション」を動かすと、ソフトの動作は遅くなる。しかし今のmacOSでは、グラフィックスを大規模に描画するソフト(例えばゲームなど)では、エミュレーションでの速度低下が起こるにもかかわらず、M1版Macの方が動作が高速になる可能性が高い。

グラフィックス描画用の仕組みである「Metal」は、インテル版MacとM1版Macで共通だ。M1ではGPUが強化された結果、Metalの実行速度が上がるためだ。

もちろん、これはあくまで「アップルの主張」であり、開発者からはまた別の意見も聞こえてくる。どちらが正しいかは、実際に使ってみるまでわからない。

7. 実はウェブカメラの画質も大幅強化、Proではマイク音質も向上

M1にはカメラの画質を制御する「イメージジグナルプロセッサ(ISP)」が搭載されている。これはiPhoneやiPadにもあるもので、M1にもその技術が生かされている。

M1の搭載しているFaceTime HDカメラは720p相当で解像度こそスマホのように高いわけではないが、低照度での補正やオートフォーカスなどの機能を生かし、ビデオ会議の画質が上がると期待できる。

そして、MacBook Proではマイクも改善され高音質化しているので、この点もリモートワーク中心の時代には向いている。

まとめ:ProとAirの「差」は実効性能か

Apple_next-generation-mac-macbookair-macbookpro-mac-mini_11102020

出典:アップル

今回の3モデルの選択はなかなか難しい。そもそも「初物」なので手を出しづらい、ということもある。だが、買うとするとAirを選ぶべきなのかProなのか、は悩ましいところだ。

結局問題は「発熱対策」だ。高負荷になればプロセッサーが発熱する。それはM1でも避けられない。

ゲームや動画編集などを想定するなら、少しでも余裕があるProの方が、最終的な性能が高くなるだろう。

一方、同じ仕様のM1を使っているので、差は小さいとも言える。値段は少しでも安く、できれば軽く……なら、「Airを」ということになる。

番外編だが、ノート型にこだわるのでなければ、実は、8万円を切っている「Mac mini」のお得感は光る。

リモートワークが増えてノートPCにこだわる必要が薄れている。アップルの新しいものを使ってみたい、という人には、Mac miniは意外にアリな選択肢かもしれない。

(文・西田宗千佳

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み