無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


マッキンゼーが実践する5つのメンタルヘルス対策。コロナでニーズ増、社員の重圧・不安解消法を北米幹部が明かす

マッキンゼー・アンド・カンパニー

REUTERS/Arnd Wiegmann

  • 大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーは、社員の心のケアに取り組んでいる。
  • 同社の上層部は毎週会議を行い、社員の健康について話し合っている。
  • 1000ものチームを抱えるマッキンゼー北米では、なぜチームごとにワーク・ライフ・バランスに関する基準を設けるようになったのか? 従業員が心の病について率直に話せるようにするための同社の取り組みとは? マッキンゼーの北米統括共同経営者が教えてくれた。

心の病が恥ずべきものだと思われない世の中に——それが、マッキンゼー・アンド・カンパニーの北米事業で統括共同経営者として働くリズ・ヒルトン・シーゲルの願いだ。

リズ・ヒルトン・シーゲル

マッキンゼー・アンド・カンパニーの共同経営者を務めるリズ・ヒルトン・シーゲル。

本人提供

マッキンゼーで働いて28年になるシーゲルは、同僚たちのキャリアがどれほど心の病に左右されるかを目の当たりにしてきた。部下の様子がいつもと違うことに気づいていながら、仕事を与えた時のことを今でも覚えている。

「彼の様子が変わった理由をはっきりと特定することはできませんでした」とシーゲルはBusiness Insiderのインタビューに答えている。

部下が与えられた仕事を達成しようとすらしなかったことに、シーゲルは驚かされた。彼はその後、双極性障害(躁うつ病)であることを明かした上で辞職を願い出た。

コロナウイルスはほぼすべての人の精神状態に影響を与えており、今やサラリーマンの多くが孤独、不安、悲しみを抱えている。

メットライフが7月にアメリカの会社員2000人を対象に行ったアンケートでは、バーンアウト(極度の疲労状態)に陥っていると答えたのは30%だったが、一方で66%が「消耗していると感じる」または「身体的・心理的に疲れ切っている」など、バーンアウトの兆候に心当たりがある。つまり、自分がバーンアウトの状態にあると認識していない可能性が示されたのだ。

経営コンサルタントたちは、特に影響を受けている。コンサルタントは長時間労働をしがちだが、コロナによって、これまでに経験したことのない形で仕事と家庭の境界線があいまいになってしまった。

そこでBusiness Insiderは、マッキンゼーでは今、積み重なるプレッシャーや不安をどうやって和らげているのかをシーゲルに聞いてみた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

【期間限定】クーポンコード「BIP21」で年額プランが今だけ10%OFF ※有効期限11/1 23:59:00、初回(1年目)のお支払いのみ適用されます。
有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

tmb_af.001

なぜテスラの時価総額には自動車7社が束になっても敵わないのか。業界揺るがす「2つの地殻変動」

  • 村上 茂久 [株式会社ファインディールズ 代表取締役]
  • Oct. 27, 2021, 07:15 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み