BI Daily Newsletter

自動車保険に「データドリブン」の波…テスラに続いてGMも独自保険を販売へ

GM

ゼネラルモーターズのメアリー・バーラCEO。

Bill Pugliano/Getty

  • 米ゼネラルモーターズは11月18日、自動車保険をユーザーに直接販売すると発表した。
  • この動きは、2019年のカリフォルニア州におけるテスラの動きに似ている。
  • 保険商品はデータの活用によってリスクを管理しやすくなったことで、急速に進化している。

米ゼネラルモーターズ(General Motors:GM)は、データドリブン型保険に参入した。

GMは11月18日、ユーザー向けサービスのOnStarを介して独自の自動車保険を提供すると発表した。これは新世代のドライバーをターゲットとしたカスタマイズが容易なデータドリブン型保険への参入を意味する。

おそらく最も注目すべきなのは、2019年にテスラ(Tesla)のイーロン・マスク(Elon Musk)CEOが、自動車保険の保険料が高すぎると訴えたオーナーがいたため、「革命的な保険数理士」を雇用して自社の保険商品の構築に着手したことだろう。

フォード(Ford)も今年初め、メトロマイル(Metromile)と提携してマイル単位の保険を販売し、ドライバーに年間741ドル節約してもらうことを目標にしていると述べた。このスタートアップは、大手保険会社の呪縛からの脱却を目指す「インシュアテック(InsurTech)」企業の一つで、データを駆使してカスタマイズされた保険商品の提供を行っている。

この動きは「保険会社が高度なデータ活用を行って、より優れたリスクモデルを構築し、それによって保険料と損害率の両方を下げようとする大きなトレンド」であると、PitchBookのアナリスト、アサド・ハッサン(Asad Hussain)は10月にBusiness Insiderに語っていた

「データを活用することで、ドライバーの携帯電話使用や急ブレーキの傾向といった行動指標に基づいた料金調整が可能になるため、保険会社にとってデータはますます重要になってきている」

今のところ、テスラの保険はカリフォルニア州でのみ利用可能(同社は全米への展開を計画している)で、全米展開するGMは、その点ではマスクをを打ち負かしたと言えるかもしれない。

「我々は革新的な方法で保険を提供し、業界のリーダーとなることを目指している」とGMはプレスリリースで述べている。

「OnStarと通信サービスに加入している顧客は、割引を受けることができる。さらに、OnStar保険サービス(OnStar Insurance Services)による完全に統合されたサービスを受けることができる」

[原文:GM is following Tesla's example and launching its own insurance with OnStar

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

禁酒法時代には特許数が減少。飲み会イノベーションをDXするには?

飲み会

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み