無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ブライアン・チェスキーは「新種のCEO」。倒産寸前のAirbnbを時価総額1000億ドルに押し上げた経営手腕

ブライアン・チェスキー

Airbnbのブライアン・チェスキーCEO

Mike Segar/Reuters

  • 新型コロナウイルスのパンデミックにより、Airbnbは大規模な一時解雇を行い、2020年の最初の3四半期で6億9660万ドル(約720億円)の損失を計上した。
  • しかし第3四半期は黒字化して持ち直し、上場も果たした。今年最大のIPOとなった同社の時価総額は現在、1000億ドル以上(10兆円)になる。
  • こうした状況の中、称賛を集めているのがブライアン・チェスキーCEOのリーダーシップだ。「新種のCEO」とも評される彼の経営手腕とは?

大規模な一時解雇と7億ドル近い損失、さらには不満を抱えた投資家がブライアン・チェスキーCEOの辞任を求めるなど、2020年はAirbnbにとって嵐のような1年だった。

しかし結局は、めでたしめでたしとなりそうだ。Airbnbは、チェスキー自身でさえ驚くような新規株式公開(IPO)価格で上場を果たした。

Airbnbの広告

AirbnbがIPOを果たした12月10日、ナスダックのビルボードにはブライアン・チェスキーの顔写真が飾られた。

REUTERS/Carlo Allegri

同社は当初、1株当たり44~50ドルを設定していたが、公開以来1株150ドルに上昇しており、時価総額は1000億ドル以上となっている。これは、同社最大の競合である2社、エクスペディア・グループとマリオット・インターナショナルの合計を上回る。

この成功は、チェスキー自身によるところが大きい。一連の戦略的判断のおかげもあってAirbnbはパンデミックを切り抜け、第3四半期には赤字を脱して2億1930万ドルの黒字に転じることができた。パンデミック中、接客業界全体がとりわけ多額の損失を計上したにもかかわらずだ。

当然、Airbnbも無傷だったわけではない。パンデミックが始まった際、パニックを起こしたゲストが相次いで予約をキャンセル。ホストは空室を抱え、北京などの都市では予約数が最大96%減にまで落ち込んだ。

しかしチェスキーは、変わりゆく接客業界の状況に素早く対応した。Airbnbは現在、レジリエンス(回復力)と適応力の手本として広く称賛されている。また、チェスキーは「新種」のCEOの手本になりうると評する専門家もいる。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

婚姻届

なぜ夫婦別姓問題は選挙のホットイシューになったのか?自民候補者の葛藤とホンネ

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Oct. 25, 2021, 07:05 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み