『鬼滅の刃』は“贈与的な世界”への憧れで大ヒットした【山口周×近内悠太】

「地図はすぐに古くなる。でも、真北を常に指すコンパスさえあれば、どんな変化にも惑わされず、自分の選択に迷うこともない」

独立研究家の山口周さんはそう語ります。そんな山口さんとさまざまな分野の識者が対話。自分の“思考のコンパス”を手に入れ、迷ったときに一歩を踏み出すためのヒントをお届けします。

compass_chikauchi.001

第2回目の対談相手は、教育者・哲学研究者の近内悠太さん。3月に刊行した初の著作『世界は贈与でできている 資本主義の「すきま」を埋める倫理学』が、第29回山本七平賞の奨励賞を受賞するなど話題となっています。本書をもとに「資本主義社会をより健全なものにする仕組みは何か」について話します。


——近内さんのデビュー作『世界は贈与でできている』は、世界や人をつき動かす原動力について、「贈与」という、何かを贈り贈られることで、人と人がつながる現象の観点から紐解いたものです。山口さんは、本書にどんな感想を持ちましたか?

山口周氏(以下、山口):贈与という言葉は、すでに古いというか難解というか、一般の人にはなじみが薄いものになっています。贈与というとまず思い浮かぶのは、フランスの文化人類学者、マルセル・モースの『贈与論』ですよね。

贈与論はいわば「行きすぎた資本主義社会を、贈与というお金に変えられない仕組みでどう改善するか」を提唱した論説で、近内さんはここからも発想を得たと思いますが、贈与論はそもそも非常に抽象的で難解。普通ならこのテーマやタイトルで本が売れると思わない。何か勝算があったのですか?

近内悠太氏(以下、近内):担当の編集者が今そこにいるので、「お前、そんなこと考えてたのか?」と言われちゃうかもですが(笑)、実際に今、売れている作品は僕から言わせると全部、贈与論的なものが多い。だから、方向性やキーワードとして間違ってはいないかなという思いは多少ありました。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み