BI Daily Newsletter

イーロン・マスクに広告など必要ないことを証明した10のエピソード

イーロン・マスク

「私自身が広告だ」

Britta Pedersen-Pool/Getty Images

  • 広告業界にとって自動車メーカーは最大の顧客だが、テスラは従来型の広告を打ったことがない。
  • しかしテスラと同社のイーロン・マスクCEOは、ファンや顧客からだけでなく、マスクが経営する別会社や自身の有名人としてのステータスからも、計り知れないほどの評判と広告効果を獲得している。
  • 本稿では、テスラにとって従来型の広告が意味をなさないことをマスクが証明した10のエピソードを紹介する。

テスラは、良くも悪くも広告に一切お金をかけないことで知られる。広告業界にとって自動車メーカーといえば過去数十年にわたる最大の顧客だが、テスラはそうした他のメーカーとは対照的だ。

米テレビドラマ『マッドメン』の舞台となった1960年代のニューヨークの広告業界なら、「ビュイック」(訳注:ゼネラルモーターズ[GM]のブランド車)の広告に一生のキャリアを捧げ、満足したまま引退することも十分にあり得る話だった。

テスラのイーロン・マスクCEOは、広告を打つことに反対しているわけではない。数年前の四半期業績報告電話会議では、いずれは広告費を計上することも検討していた。そうすればメディアをサポートすることにもなるし、メディア(つまりジャーナリズム)はサポートを必要としているからだ。

今も当時と同じ考えを持っているかどうかは不明だが、最近になっていわゆる「アーンドメディア」に価値を見出したことは確かだ。

アーンドメディアとは、商品やサービスに満足した顧客が自分から良い評判を発信してくれることであり、売り込みの要素は一切ない。インスタグラムでテスラの自動車を絶賛して写真を投稿したり、その投稿に熱心にレビューを付けたりする人たちのことを思い浮かべてほしい。

広告のためのメディアにはその他に「ペイドメディア」と「オウンドメディア」がある。ペイドメディアとは従来型の広告のこと。テレビ、印刷媒体、ラジオ、看板のほか、最近ではインターネット広告やSNS上の有料広告もこれに含まれる。企業が広告費を支払って出す広告のことであり、最近ではフェイスブックやグーグルに支払いをすることを意味する。

オウンドメディアとは、広告主自身が所有し、自分でコントロールできるメディアのことだ。テスラはこのオウンドメディアの手法を用いている。

2018年には、マスクが経営する別会社、スペースXのロケットで赤のテスラ「ロードスター」が軌道まで打ち上げられた。さらに最近では、宇宙飛行士らがスペースXのロケットに搭載されたカプセルまでテスラの「モデルX」で乗りつけ、国際宇宙ステーションを目指した。

従来型の広告を打つこともテスラ社内で検討されたが、あまり大きな成功を挙げることはなかった。理由は簡単だ。本稿では、テスラにとって従来型の広告が意味をなさないことをマスクが証明した10のエピソードを紹介する。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み