無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


航続距離わずか200キロ、フォードの新型EVバン「E-Transit」に勝機があると言える理由。新CEOに聞いた

フォード E-Transit

フォードは新型EVバン「イートランジット(E-Transit)」を発表した。

Ford

  • フォードが新たに発表した電気自動車(EV)バン「イー・トランジット(E-Transit)」の航続距離は126マイル。
  • 300マイル以上走れる他の多くのEVに比べると見劣りする。
  • しかし、フォードの新たな最高経営責任者(CEO)の考えでは、この設定はターゲット層にジャストフィットだという。
  • 「一般の消費者はバッテリー(車載電池)に金をかけすぎる。しかし、商用EVを必要とする顧客は必要以上の性能にはお金は払わない」とジム・ファーリーCEOは語る。

語り継がれてきた歴史と、「マスタング」や「F-150」のような愛される名車を抱えるフォードは、地球上で最も有名な自動車メーカーのひとつ。とは言うものの、競争の激しいアメリカの乗用車市場に同社が占めるシェアは15%以下にとどまっている。

フォードのパネルバン「トランジット」はさほど広く知られている車種ではないものの、輸送用あるいは工事のような移動作業向けに使う人たちの間では一種のレジェンド。このトランジットこそが、アメリカの商用車市場でフォードが50%のシェアを占める主な理由だ。

創業117年のフォード社内、とりわけ10月に就任したばかりのジム・ファーリーCEOがこのトランジットに着目し、EVバン「イートランジット」を発表するに至ったのは、そうした市場の状況が背景にある。

2008年の金融危機後、4代目のCEOであるファーリーは、確立された商用車市場での優位性を活かし、イートランジットをデータ駆動型ビジネス強化の原動力にしようというわけだ。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_issue_.008

ビジネスパーソンにも効く! 入山先生がこの夏にすすめる3冊【音声付】

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Jul. 30, 2021, 06:15 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み