BI Daily Newsletter

コロナ禍で売り上げが伸びるピザ… それでもマクドナルドの「マック・ピザ」は復活しない?

マック・ピザ

Dan Keck/Wikimedia Commons

あなたは"マック・ピザ"を覚えているだろうか?

ジェネレーションZは恐らく知らないだろう。 しかし、1980年代、1990年代にアメリカで子ども時代を過ごした人にとっては、ハンバーガーやフライドポテトと一緒にピザを注文できた頃の記憶がよみがえってくるはずだ。

そんなマック・ピザについて、どういうわけかマクドナルドのツイッターアカウントが言及した。

わたしたちがマック・ピザを売っていたのを覚えているだろうか

「マック・ピザ」の誕生

客

1990年代、マクドナルドでピザを買う人々。

David E. Klutho/The LIFE Images Collection/Getty Images

マクドナルドが初めてピザを売り出したのは1980年代のことだ。競合他社はこの試みをあざ笑った。ピザハットにいたっては、マクドナルドのピザを「マック・フローズン」と呼ぶ広告を1989年に出したほどだ。

ピザは1990年代前半のマクドナルドにとって、夕食の時間帯に顧客を取り込むためのキャンペーンの一部となっていた。同社は他にも「フランスパンに白身魚のグリル、ソース、レタス、トマトを乗せたものや、『Chicken Zestado』というピタパンに鶏胸肉のグリルとサルサソースを合わせたもの」など、さまざまなメニューを試していたとAP通信が1991年に報じている

残念なことに、マック・ピザは —— ハンバーガーやフライドポテト以外にメニューを広げようとするマクドナルドの試みの大半と同じく —— うまくいかなかった。1990年代の終わりまでに、アメリカにあるほぼ全てのマクドナルドのメニューからピザは姿を消した

だが、ピザを提供し続けた店舗もあった。オハイオ州ポメイロにある店舗と、ウェストバージニア州スペンサーにある店舗の2つのマクドナルドでは、マクドナルド本社がピザをメニューから外させた数年前まで販売を続けていた。

現在、ピザを提供し続けているマクドナルドは1店舗しかない。フロリダ州オーランドにある大型店舗だ。この店はアメリカにあるマクドナルドの中で最も大きな店舗で、ピザに加え、パスタやベルギーワッフルといったスペシャルメニューを提供している。

マクドナルドは再びピザを提供するのか?

5b903d45672e16062e0c658d

マクドナルドのピザの広告。

YouTube

今回のマクドナルドのつぶやきによって、ツイッター上では同社のメニューにピザが復活するのではないかとの憶測が広がった。

新型コロナウイルスの感染拡大で人々が外出を自粛する中、ドミノ(Domino's)やパパ・ジョンズ(Papa John's)といったチェーン店の売り上げは大幅に伸びている。こうした中、パネラは10月、初めてピザを提供すると発表した。レッド・ロビンも11月、コロナ禍でピザの売り上げが伸びていることから、同社が所有する約半数の店舗でドナトス(Donatos)のピザをメニューに加える計画だと述べた。

ただ、ピザの追加はマクドナルドの現在の戦略とは合わないように見える。1990年代、マクドナルドはピザをスピーディーに提供することに苦戦した。2020年のドライブスルーを中心としたファストフードの世界で、ピザの追加はむしろ、さらに難しいだろう。

マクドナルドはメニューの単純化を進めていて、フランチャイズ加盟者や従業員たちも、朝食メニューを1日中提供するのは恒久的に止めるべきだと求めている。ピザの追加は、単純化に逆行するものだろう。

マック・ピザ復活の可能性について、Business Insiderはマクドナルドにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

[原文:The rise and fall of McDonald's pizza, a doomed fast-food icon

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み