無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


iPhone純正機能で書類をキレイにスキャンする方法【iPhone 12/mini/Pro対応】

memo_scan-1

iPhone 12 miniで書類(パンフレット)を取り込んでいるところ。書類の形状を認識して、自動的にゆがみのない形に補正して正面からとったかのように保存してくれる。これも純正機能だ。

撮影:伊藤有

  • iPhoneは標準アプリの「メモ」で、手書きや印刷された書類をスキャンできる。QRコードの読み込みもできる
  • メモアプリで紙の書類をスキャンするには、「新規のメモ」を作成するか、既存のメモから、メニューバーの「+」ボタンをタップし、カメラアイコンから「書類をスキャン」
  • メモアプリでファイルを保存または共有する前に、カメラアプリからスキャンした書類を編集したり追加することも
  • iPhoneでQRコードをスキャンするには、カメラアプリを起動→レンズを読み込みたいQRコードに向けるだけ

手書きやプリントアウトされた書類をスキャンしてデータ化し相手に送信する場合、これまではスキャナーなどの専用機器やスマホのホワイトボードスキャンアプリなどが必要だった。

しかしこれらの作業はいま、ポケットのiPhone 12などたった1台だけで、iOS14ですぐに使える純正機能として実現されている。

iPhoneで紙の書類をスキャンしデータ化するときは、下記の手順を試してみよう。

iPhoneの「メモ」アプリで書類をスキャンする方法

1. iPhone標準インストールの「メモ」アプリを起動

メモアプリのアイコンはメモ帳のようなデザインをしているので見つけやすいですが、見当たらない場合は、ホーム画面を右にスワイプ。検索フォームに「メモ」と入力すれば探せる。

iOSの検索画面

ホーム画面を下にスワイプして、「メモ」と検索してアプリを起動する。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み