Zoom、AWSを「推奨クラウドプロバイダー」に指定。オラクルとの“大型提携”はどこに消えたか

prime_zoom_eric_yuan

ドロップボックス(Dropbox)主催のイベントに登壇したズームのエリック・ユアン最高経営責任者(CEO)。

Matt Winkelmeyer/Getty Images for Dropbox

  • アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は11月30日、ズーム(Zoom)から「推奨クラウドプロバイダー」に選ばれたことを明らかにした。
  • ズームは2011年にAWSとの協業を開始。マイクロソフトやオラクルともクラウド契約を結んでいるが、サービスの大部分は自社データセンターに依拠している。ただし、新型コロナの世界的流行が続くなかでビデオ会議の需要が急増、外部のクラウドサービスへの依存度が高まっている。
  • 今年4月、ズームはオラクル(Oracle)と提携し、同社からクラウドインフラの提供を受けることを発表している。

ビデオ会議アプリ「Zoom」を展開するズームは、AWSを「推奨クラウドプロバイダー」に選んだ。急激な需要増に対応するためにオラクルと提携すると発表してから、まだ半年もたっていない。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み