無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


メラニア夫人が「最後の」飾りつけ…ホワイトハウスのクリスマス・デコレーションを公開

クリスマスシーズンの飾りつけが施されたホワイトハウスのブルールーム。

クリスマスシーズンの飾りつけが施されたホワイトハウスのブルールーム。

Official White House Photo by Andrea Hanks

  • ホワイトハウスは、ファーストレディのメラニア・トランプ大統領夫人がそこで過ごす最後のクリスマスのために手がけた装飾を公開した。
  • 10月、メラニア夫人が2018年のホリデーシーズンのためにホワイトハウスを飾りつけなくてはならないことに不満を漏らす音声が流出した
  • 「クリスマスのことは一生懸命やってるけど、飾りつけや何かをいったい誰が気にするわけ? でも、やらなきゃいけないんでしょ?」とファーストレディは友人に漏らしていた。
  • ホワイトハウスによると、2020年のテーマは「美しきアメリカ(America the Beautiful)」で、女性参政権を定めた合衆国憲法修正第19条の批准から100周年であることや、アメリカの野生生物、交通輸送におけるアメリカの革新などを称えるものだという。

メラニア・トランプ(Melania Trump)大統領夫人は、トランプ家にとっての最後のクリスマスのためにホワイトハウスの飾りつけを行った。

ホワイトハウスは11月30日(現地時間)、2020年のクリスマス・デコレーションの写真を公開した。その1カ月足らず前、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領はジョー・バイデン(Joe Biden)候補に敗れた

ファーストレディは声明で「ホワイトハウスにおける今年のホリデーシーズンのテーマ『美しきアメリカ』(America the Beautiful)を発表できることをうれしく思います」と述べた。

「この4年間、私は我が国の最も美しいランドマークのいくつかを訪れました。そして、最も心温かく愛国的なアメリカ市民の皆さんに出会うという名誉に浴してきました」

CNNが10月に公開した音声には、メラニア夫人が2018年のホリデーシーズンに、ホワイトハウスの飾りつけをしなければならないことについて友人に愚痴をこぼす様子が収められていた。ファーストレディとしてもっと意味のある務めを果たすべきだとの批判を受ける中でのことだった。

「クリスマスのことは一生懸命やってるけど、飾りつけや何かをいったい誰が気にするわけ? でも、やらなきゃいけないんでしょ?」と、メラニア夫人は友人に語っていた。

メラニア夫人のこの発言は、多様な宗教的信条に配慮して(メリークリスマスの代わりに)「ハッピーホリデーズ」と挨拶するのが主流になるなど、「クリスマスをめぐる戦争」が起きているという彼女の夫や他の有力な共和党員の主張とは噛み合わないものだった。

ホワイトハウスは例年通り、2020年のデコレーションのビデオツアーを公開した。

以下で、ホワイトハウスの2020年クリスマスデコレーションを紹介していこう。


2020年のテーマ「美しきアメリカ」は、「我々の偉大な国家の尊厳に対する称賛」だとホワイトハウスは述べている

ホワイトハウスのレッドルームのマントルピースには、ファースト・レスポンダー(緊急対応要員)たちを称える飾りつけが施されている。

ホワイトハウスのレッドルームのマントルピースには、ファースト・レスポンダー(救急隊員)たちを称える飾りつけが施されている。

Official White House Photo by Andrea Hanks

Official White House Photo


「この国の全土で、すべてのアメリカ人が分かち合っている絆は、我々の伝統、価値観、歴史に対する感謝の気持ちであり、それが今年の装飾を生み出すもとになった」とホワイトハウスは述べている

ホワイトハウスのクロスホール(1階の広い廊下)

ホワイトハウスのクロスホール(1階の広い廊下)。

Official White House Photo by Andrea Hanks

Official White House Photo


イーストルームには、模型列車「ホワイトハウス・エクスプレス」号が飾られている。アメリカの交通輸送分野での革新を称えるものだ

イーストルームのセンターテーブルに飾られた「ホワイトハウス・エクスプレス」号。

イーストルームのセンターテーブルに飾られた「ホワイトハウス・エクスプレス」号。

Official White House Photo by Andrea Hanks

Official White House Photo


ライブラリーには、合衆国憲法修正第19条をテーマとした、ファーストレディ主催の子ども向けアートコンテストの入賞作品が飾られている

ファーストレディ主催の美術展「社会運動を構築する:アメリカの若者たちは、女性参政権100周年を祝う」(Building the Movement Exhibit: America's Youth Celebrate 100 Years of Women's Suffrage)に子どもたちが出品したアートワークがホワイトハウスのライブラリーを飾っている。

ファーストレディ主催の美術展「社会運動を構築する:アメリカの若者たちは、女性参政権100周年を祝う」(Building the Movement Exhibit: America's Youth Celebrate 100 Years of Women's Suffrage)に子どもたちが出品したアートワークがホワイトハウスのライブラリーを飾っている。

Official White House Photo by Andrea Hanks

Official White House Photo


ライブラリーには、女性に選挙権を与えた修正第19条の批准から100年を祝う装飾が施されている。この装飾は、「男女平等の先駆者となった女性たちにスポットライトを当てる」ものだとホワイトハウスは述べている

ホワイトハウスのライブラリーのツリーには、アメリカ歴史上の女性リーダーたちの写真が飾られている。

ホワイトハウスのライブラリーのツリーには、アメリカ歴史上の女性リーダーたちの写真が飾られている。

Official White House Photo by Andrea Hanks

Official White House Photo


レッドルームにある手作りのオーナメントは、「救急隊員といった最前線で働く労働者」など、「思いやりの精神で地域社会に奉仕する」「アメリカの日常的なヒーローたち」に敬意を表したものだと、ホワイトハウスは述べている

レッドルームを彩るクリスマスツリーとデコレーション。

レッドルームを彩るクリスマスツリーとデコレーション。

Drew Angerer/Getty Images

Drew Angerer/Getty Images


ホワイトハウスの公式クリスマスツリーは、高さ18フィート(約5.5メートル)を超すフラセリーモミの木だ。ブルールームに飾られている

クリスマスシーズンの飾りつけを施されたホワイトハウスのブルールーム。

クリスマスシーズンの飾りつけを施されたホワイトハウスのブルールーム。

Official White House Photo by Andrea Hanks

Official White House Photo


ステート・ダイニングルームは、金色のオーナメントを施したガーランド(花飾り)や複数のツリーで装飾されている

ステート・ダイニングルーム(公式晩さん会などに使用する部屋)の装飾。

ステート・ダイニングルーム(公式晩さん会などに使用する部屋)の装飾。

Official White House Photo by Andrea Hanks

Official White House Photo


このジンジャーブレッドハウスは、「275ポンド(約125キロ)のジンジャーブレッド生地、110ポンド(約50キロ)のシュガークラフト生地、30ポンド(約14キロ)のガムペースト、25ポンド(約11キロ)のチョコレート、25ポンド(約11キロ)のロイヤルアイシングで作られている」とホワイトハウスは紹介している

ホワイトハウスによると、ステート・ダイニングルームのジンジャーブレッドハウスは、エグゼクティブレジデンス(公邸)、西棟と東棟、ローズガーデン、ジャクリーン・ケネディ・ガーデンを再現したものだという。

ホワイトハウスによると、ステート・ダイニングルームのジンジャーブレッドハウスは、エグゼクティブレジデンス(公邸)、西棟と東棟、ローズガーデン、ジャクリーン・ケネディ・ガーデンを再現したものだという。

Official White House Photo by Andrea Hanks

Official White House Photo


グリーンルームには、アメリカの野生生物を称える装飾が施されている。「窓を飾る絵は、この国の自然の風景の中で羽ばたき、隠れ家を見つけ出す生物の多様性を示している」とホワイトハウスは述べている

ホワイトハウスのグリーンルーム。

ホワイトハウスのグリーンルーム。

Official White House Photo by Andrea Hanks

Official White House Photo


イーストルームは、飛行機や列車、自動車をテーマにした飾りつけがなされており、「アメリカの移動の歴史」を表していると、ホワイトハウスは説明している。1863年に着工したアメリカ最初の大陸横断鉄道から、1969年のアポロ11号の月面着陸まで、移動にまつわるアメリカのイノベーションを称えるものだ

イーストルームの鏡には、飛行機の飾りつけが施されている。

イーストルームの鏡には、飛行機の飾りつけが施されている。

Official White House Photo by Andrea Hanks

Official White House Photo


ディプロマティック・レセプションルームのツリーには、赤と金のオーナメントが飾られている

ホワイトハウスのディプロマティック・レセプションルーム(外交官応接室)

ホワイトハウスのディプロマティック・レセプションルーム(外交官応接室)

Official White House Photo by Andrea Hanks

Official White House Photo


2020年の装飾は、控えめで伝統的なものになっている。ファーストレディの大胆な選択が見出しを飾ってきたここ数年とは対照的だ

2018年にホワイトハウスの東柱廊に並べられたトピアリー(庭木等を刈り込んで作る造形物)。

2018年にホワイトハウスの東柱廊に並べられたトピアリー(庭木等を刈り込んで作る造形物)。

AP Photo/Carolyn Kaster

AP Photo/Carolyn Kaster


トランプ政権における過去のホワイトハウスの飾り付けはこちらの記事に。

2019年2018年2017年

[原文:12 photos show how first lady Melania Trump decorated for her final Christmas in the White House

(翻訳:高橋朋子/ガリレオ、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み