バブル崩壊で株価66%下落を元経済学者の著名投資家が予測。「パニックやクラッシュのリスクが高まっている」

  • 弱気筋として知られる元経済学教授のジョン・ハスマン(現ハスマン・インベストメント・トラスト社長)は、分散投資を行う投資家のリターンについて、かつてないほど悪くなると予測する。
  • ハスマンは2000年3月、テック銘柄が83%下落すると予測してピタリと的中させた他、何度も株価下落を言い当ててきた。
  • ハスマンの考え方は、2つの要素に基づいている。市場のバリュエーションと市場内部要因だ。
  • 典型的なポートフォリオ(60%を株式、30%を債券、10%を現金に分散)で投資した場合、今後12年間におけるリターンはどうなってしまうのだろうか?

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み