BI Daily Newsletter

セールスフォースの役員報酬は「Slackの4倍」「平均16.5億円」。巨大な格差は買収後どうなる?

prime_sales_slack_top

セールスフォース(Salesforce)がスラック(Slack)買収を発表。いずれも人気サービスを提供する上場企業だが、気になる「格差」も存在する。

REUTERS/Dado Ruvic/Illustration

  • セールスフォース(Salesforce)がスラック(Slack)を277億ドルで買収する。同社史上最大の取り引きだ。
  • 両社の役員報酬には大きな隔たりがある。セールスフォースの役員報酬はスラックの実に4倍以上。
  • セールスフォースの報酬には大量のオプション報奨(=自社株の購入権)が含まれる一方、スラックの報酬には大量のストック報奨(=現物株式の付与)が含まれる。

セールスフォースがビジネスチャットアプリのスラックを277億ドル(約2兆9000億円)で買収する。同社にとっては史上最大の買収案件だ。

オンラインコラボレーションツールがかつてないほど重要性を増しているこの時代に、顧客関係管理(CRM)ソフトウェア最大手のセールスフォースと、ユーザーから高い評価を受けるビジネスチャットアプリのスラックがひとつになる意味は大きい。

間もなく統合されるセールスフォースとスラックだが、両社は(当然のことながら)まったく異なる企業で、とくに役員報酬には大きな隔たりがある。詳しく見ておこう。

セールスフォースの役員報酬は「最高27億、最低13億」

prime_salesforce_benioff

セールスフォースのマーク・ベニオフ会長兼最高経営責任者(CEO)。2019年の役員報酬は2600万ドル。

REUTERS/Denis Balibouse

セールスフォースは21年前の1999年2月に設立され、以来いくつかの大型買収を経て、近年ではソフトウェア業界の巨人として君臨している。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み