【退任発表】ジェフ・ベゾスの「異常なまでの」顧客第一主義とは? アマゾンを時価総額170兆円に押し上げた先取りの思考法

アマゾンのジェフ・ベゾスCEO。

アマゾンのジェフ・ベゾスCEO。

MANDEL NGAN/AFP via Getty Images

[2021年2月3日 10:30 更新]

ジェフ・ベゾスがアマゾンのCEOを退任すると、同社が2月2日(現地時間)に発表した

アマゾンの創業者兼CEO兼社長のベゾスは、小さなオンライン書店から始まったアマゾンを25年間で巨大小売業者へと変容させた。 今や時価総額1.7兆ドル(約170兆円)企業となったアマゾンだが、その背景には、ジェフ・ベゾスの「異常なまでの」顧客第一主義がある。

「顧客中心」を標榜していながら実態の伴わない企業が多いなか、アマゾンはいかに消費者のニーズを先取りし、製品やサービスを設計してきたのだろうか。


2011年のこと。Amazon AlexaとAmazonSmileを担当していたアマゾンの元ディレクター、イアン・マカリスター(Ian McAllister)は、新しいプログラムのアイデアを携えてジェフ・ベゾスCEOのところへ赴いた。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み