無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NTTドコモ子会社化は当然の流れ。なぜ値下げに踏み切れたのか【尾原和啓×シバタナオキ】

尾原和啓×シバタナオキ対談

撮影:小林優多郎

ドコモが打ち出した新料金プランが話題だ。この戦略とドコモがNTTの子会社になったこととの関係は? 他のキャリア2社はどう出てくるのか? そもそも日本の携帯電話料金は世界から見て本当に高いのか?

IT批評家の尾原和啓さんと「決算が読めるようになるノート」著者のシバタナオキさんの対談3回目では、NTTドコモ子会社化の背景を解説してもらった。


—— NTTによるNTTドコモの子会社化の発表は衝撃でした。一連の動きをどうご覧になっていますか。

尾原和啓氏(以下、尾原):自然な流れだと思います。もちろんドコモの利益が親会社のNTTを超えているという状況もありますが、より重要なのは、今後5G(第5世代移動通信システム)に移行していく中で、固定回線と無線回線の境界線はなくなり、さらにいえば通信と放送の境界線もなくなっていくということです。

実は以前から、NTTグループにおける光回線系のコンテンツ・マネジメントをドコモ光が進めるなど、内部では融合が進んでいました。

5Gの特長は高速大容量・多接続・低遅延ですが、これまでのように人と人、家と家をつなぐのではなく、例えば工場の中やマシン内部に通信が入るようになって、低遅延のマーケットが新たに生まれます。ほぼ遅延なく通信できると手術や工場現場など繊細な作業がリモートでできるようになる。また多接続可能になると工場のすべてのラインを相互接続できるようになる。こういった新しい市場ができあがります。

そうなると通信会社としては、例えば自動車や医療など業界ごとの法人営業部門を立ち上げる必要があります。NTT法人営業部、ドコモ法人営業部が別々に動くのではなく、統合するのが自然な流れだと思います。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み