無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


帰宅した家族を迎えたのは、クリスマスツリーに抱きついたコアラだった

オーストラリアのある家族は外出から帰った時、クリスマスツリーにしがみついていたコアラを見つけた

オーストラリアのある家族は外出から帰った時、クリスマスツリーにしがみついているコアラを見つけた。

Adelaide and Hills Koala Rescue

  • オーストラリアのある家族が外出先から帰宅すると、コアラが寛いだ様子でクリスマスツリーに抱きついているのを見つけた。
  • その幼いコアラは、ライトのコードに絡まりながら、葉を口に入れて噛んでいたが、プラスチックであることに気付いて食べるのをあきらめたようだった。
  • コアラ保護団体のアデレード&ヒルズ・コアラレスキューは、コアラがツリーの上にいるという通報を受けた時、最初はいたずら電話だと思ったという。
  • 同団体のボランティアが、絡んだコードをほどき、コアラをその家の近くにある木のそばに放した。

サンクスギビングデーには、酔っぱらったリスが注目を集めたが、今度はクリスマスを前にコアラが多くの人の心をわしづかみにしている。

2020年12月2日、オーストラリア、アデレードのある家族が外出先から帰宅すると、目を疑う光景に出くわした。コアラが寛いだ様子でクリスマスツリーに抱きついていたのだ。

@mcqueen1004

gotta love coming home and finding a koala in your christmas tree.. wtf #australia#koala

♬ stayin alive x poouussyy talk - DJ Lilli

帰ってきたらクリスマスツリーにコアラがいるなんて、最高


TikTokに動画を投稿した16歳のタイラ・マコーミック(Taylah McCormick)によると、家族と帰宅して玄関に入ると同時に、何かがおかしいと気が付いた。ペットの犬は、すぐにリビングへと向かった。

「犬はクリスマスツリーに直行し、周辺を嗅ぎ回っていた。母も何かおかしいと思ったみたい」と、タイラはガーディアンに語った。

「床中にツリーのオーナメントが散らばっていて、母がツリーを見るとコアラがいたというわけ」

その幼いコアラは、ライトのコードに絡まりながら、葉を口に入れて噛んでいたが、プラスチックであることに気付いて食べるのをあきらめたようだった。家族はこのコアラをダフネ(Daphne)と名付けた。

母のアマンダ(Amanda)は、ダフネは一家が外出していた間、3時間は家の中で過ごしていたかもしれないと考えている。

プラスチック製の葉をかじる「ダフネ」。

プラスチック製の葉をかじる「ダフネ」。

mcqueen1004/TikTok

「『誰かのいたずら?』と思った。うちの子がぬいぐるみを置いたのかと思ったけど、本物のコアラだった」とアマンダはガーディアンに語った。

「これまでコアラが庭の木に来たことはあった。でも部屋の中のクリスマスツリーにまで来ることはなかった。ドアが開いていたから忍び込んだのかもしれない」

いたずらだと思ったのは、アマンダだけではなかった。彼女の通報を受けたコアラ保護団体のアデレード&ヒルズ・コアラレスキューのオペレーターはいたずら電話だと思ったという。

同団体はその後、ダフネの写真をフェイスブックに投稿し、コアラは「クリスマス気分に浸ろうと必死になっていた」とコメントを添えた。

同団体の共同創設者であるディー・ハーン=ヘロン(Dee Hearne-Hellon)がガーディアンに語ったところによると、ダフネは3、4歳くらいのメスで、ツリーに興味をそそられたのだろうという。

アデレード&ヒルズ・コアラレスキューがクリスマスツリーに登ったコアラを見たのは初めてのことだという。

アデレード&ヒルズ・コアラレスキューがクリスマスツリーに登ったコアラを見たのは初めてのことだという。

Adelaide and Hills Koala Rescue

「今は特に暑くはないので、日陰を求めて入ってきたというわけではないだろう」とハーン=ヘロンは述べた。

「彼らは好奇心旺盛で、郊外の住宅街で何か興味のある物を見つけると、まずは中に入ってよく見てみようとする」

同団体は、ベビーカー、掃除機、おもちゃの車、自転車、さらには鶏小屋からもコアラを救出したことがあると9ニュースに語った。だがクリスマスツリーからの救出は初めてだという。

タイラがクリスマスツリーに登ったダフネの動画をTikTokに投稿したところ、再生回数は本稿執筆時点で約40万回を記録している。

タイラはその後、ボランティアがプラスチックの葉から引き離したダフネを、家の近くで自然に返す場面も動画で投稿した。

@mcqueen1004

Reply to @3mbrace we had to let daphne go 😔 #australia#koala

♬ original sound - McQueen

ダフネを自然に返すことに

ダフネはもはやクリスマスツリーを飾る星ではないかもしれないが、マコーミック家は、今後ともダフネを見守り続けるつもりだ。そして、ダフネが思い出深いクリスマスにしてくれたことを、決して忘れないだろう。

アマンダ・マコーミックとアデレード&ヒルズ・コアラレスキューにコメントを求めたが、返答は得られていない。

[原文:A koala snuck into an Australian family's home to hang out on their Christmas tree

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み