BI Daily Newsletter

【独占】「WebExユーザーの不幸な顔見たくなかった」Zoom CEOインタビュー。Ciscoから独立の末に

prime_zoom_yuan_top

2019年4月に米NASDAQに上場、コロナショックによるリモートワークシフトを背景に急成長を果たしたズーム(Zoom)。エリック・ユアン最高経営責任者(CEO、中央)がインタビューに答えた。

Kena Betancur/Getty Images

  • ズーム(Zoom)創業者のエリック・ユアン最高経営責任者(CEO)がテクノロジーカンファレンス「ウェブサミット(Web Summit)」でBusiness Insider編集長のアリソン・ションテルと対談。パンデミック中の急成長と今後の展望について話した。
  • ユアンによると、コロナショックの初期に個人ユーザーが殺到し、急場の対応に追われたという。「(当時は)とにかく可能な限り急いで事業規模を拡大する必要があった」。
  • そうした厳しい時期が続くなか、ユアンはじめズームの従業員全員が指針として大切にし、毎日問い続けたことがある。「いまより良いサービスを目指すために、もっとほかに何かできないか?」。
  • ユアンはコロナ収束に合わせてズームの人気が下火になるとは考えていない。今回のパンデミックによって、リアル出張なしでもビデオ会議で仕事はできることが明らかになり、日常を回復したらもうビデオ会議は必要なくなるとは誰も思っていない、ユアンはそう語った。

ビデオ会議ツール「Zoom」を提供するズーム・ビデオコミュニケーションズにとって、コロナショック一色だった2020年は信じがたいほど素晴らしい1年になった。ズームを知らない人はいまやほとんどいない。

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるい、オフィスは閉鎖され人々が家に閉じこもるなか、ズームはリモートワークや社内会議にとどまらず、結婚式や飲み会、ヨガレッスンなど、人と人がつながるあらゆる場で人気のプラットフォームになった。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み