イーロン・マスク「競合との合併も否定はしない」発言が話題。専門家による「選択肢となる4社」リスト

イーロン・マスク テスラ

電気自動車(EV)メーカー世界最大手のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)。他社との合併を否定しない発言が飛び出した。

Maja Hitij/Getty Images

  • テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が競合する自動車メーカーとの経営統合を否定する気はないと発言して話題になっている。
  • 専門家たちにBusiness Insiderが取材したところ、合併候補となる可能性が最も高いのは、フォード、ゼネラル・モーターズ(GM)、上海蔚来汽車(NIO)、ルノー日産三菱アライアンスの4社だという。
  • 4社が候補とされた理由は、製造に関する技術、グローバル展開する上でのより広範な地盤、中国におけるより強固なポジションをテスラにもたらすことだ。

テスラCEOのイーロン・マスクはこれまでフォードやGMのような競合を臆することなく批判してきたが、それは競合と手を組む可能性を否定するものではなかったようだ。

マスクは12月初頭の独メディア大手、アクセルシュプリンガー(Business Insiderの親会社)のインタビューに応じた際、他の自動車メーカーとの経営統合を議論する用意があるとの考えを示した。

もしどこかが『やあ、テスラと合併するっていう名案があるんだけど、どうだい?』と声をかけてきたら、それを拒む気はまったくない。話し合うよ」(イーロン・マスク)

そこでBusiness Insiderは、テスラや自動車産業をウォッチするふたりの専門家に、合併候補として最も可能性が高い自動車メーカーを挙げてもらった。

この記事はBI PRIMEメンバー限定の有料記事です。
BI PRIMEメンバーになると続きをお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み