無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NHKが熱い想いを導いてくれた。子ども時代に自覚した内なるモンスター【小国士朗3】

小国士朗

小国士朗(41)がNHKに就職することになったのは、ほんの偶然だった。

東北大学に進学した小国は、大学時代に起業している。

当時、仙台のアーケード街にはストリートアーティストがあふれていた。東北中から才能あふれるミュージシャンが集まっていた。

まだ、YouTubeもなかった時代。このアーティストたちのパフォーマンスを動画におさめてレコード会社に自由に見てもらうプラットフォームを作る。才能あるアーティストを青田買いしてもらえば、双方に利益が生まれるのではないか。

そう考えた小国は、知り合いと一緒に会社を立ち上げた。

ところが、その資金を持ち逃げされた。

起業するつもりだったので、就職活動は全然していなかった。あわてて、まだエントリーを受け付けてくれる放送局を探したら、NHKしかなかった。

「当時、僕の中でテレビといったら4チャンネル(日本テレビ系列)か8チャンネル(フジテレビ系列)だけ。ダウンタウンさんしか見てなかった。NHKの番組の記憶は、『おかあさんといっしょ』で止まっているレベル」

なんとか1本だけ、当時放送されていた「プロジェクトX 挑戦者たち」を見て、面接に臨んだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

【期間限定】クーポンコード「BIP21」で年額プランが今だけ10%OFF ※有効期限11/1 23:59:00、初回(1年目)のお支払いのみ適用されます。
有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_af.001

なぜテスラの時価総額には自動車7社が束になっても敵わないのか。業界揺るがす「2つの地殻変動」

  • 村上 茂久 [株式会社ファインディールズ 代表取締役]
  • Oct. 27, 2021, 07:15 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み